ブログ | 東進ハイスクール長野校|長野県

ブログ 

2019年 5月 10日 大学で何を学ぶのか(松田)part2

こんにちは!

前回のブログを見てくれた人から

オススメの本を教えてください!

という嬉しい要望がありました!

ということで

松田のオススメ本を紹介したいと思います!

はめっちゃ難しい本ですが

自分の中で読んでみて

文章と格闘してみてください!

 

①『人を動かす』(D・カーネギー、2016、創元社)

 もう名著の中の名著でしょう(笑)

自己啓発本の金字塔みたいなもので

この本はなんと80年前に初版された本なのですが

今でも間違いなく通用します!

題名が「人を動かす」というもので

なんか心理学を彷彿とさせますが

全然そんなことありません!

 

世の中「正しい」ということでは通用しない

そんな状況に対して指標を示してくれます

少し難しいかもしれません

松田は4回読み返して理解できました(笑)

絶対後悔しないのでぜひ読んでみてください!

 

②『納屋を焼く』(『螢・納屋を焼く・その他の短編』、村上春樹、1987、新潮文庫)

次は小説の紹介です(笑)

これも30年前と、とても古い小説なのですが

私はこの小説で日本語に対する見方が変わりました(笑)

多分、若い世代の人はこの小説知らないと思います(私もまだ若いんですが(笑))

私がこの本を読んだきっかけは

高校のときの担任が国語の先生で

この小説の紹介をしてくれたからです

内容はネタバレを含むので書けませんが

気になる人はググってみましょう(笑)

 

さて本当はまだまだ紹介させていただきたい本が山ほどありますが

とりあえず私がオススメしている本は以上になります

また気になることがあったら声かけてください~(笑)

2019年 5月 10日 大学でなにを学ぶのか (古谷)

  1. みなさん、こんにちは! 長野校新担任助手、大学2年生の古谷です!

 

今回は、「大学でなにを学ぶのか」ということについて書いていきたいと思います!

 

大学に通っている人には、①将来の夢や就きたい職業がしっかり決まっている人 ②夢や職業がぼんやりとしか決まっていない人 の2種類います。

 

ちなみに私は、①のタイプでした。小さいころから学校の先生になるのが夢で、また特別支援教育に興味があったので、現在も教育学部の特別支援教育コースに通って、実習をしたり、障がいにはどんなものがあるか、障がいとどう向き合っていけばよいのかということについて学んでいます。

 

この場合、「大学」は、特定の専門的なことに関する学び、その職業に就くための資格を得るための学び、自分の興味のあることの研究、といったことをする場所になります!特に、医学部や教育学部は医師や教師に資格が必要な関係上、資格を得るために学ぶという意識が強いですね。

 

これは皆さんもイメージしやすいかもですね!

 

じゃあ②のタイプはどうしているのか気になりますね。

私は、「大学」という場所は「自分のやりたいこと、興味のあることを見つけていく」ための学びをする場所という一面も持っていると考えています。

 

実際、私の通っている信州大学でも、自分の選んだ学部や学科に関わる科目のほかにも、教養科目といって、様々なジャンルの科目を自分で選んで勉強できる科目があります。他の大学でもほとんどありますよ!

 

私的に、なんとなく取った心理学の授業はすごく面白くて、めちゃくちゃ興味が湧いてしまいました!これを機に、児童心理学の勉強にも興味が湧いています。こんな風に、自分のやりたいことが決まっていても、また新たなことに興味が湧いてきてしまうことだってあるし、それをうまく自分の将来に結び付けて勉強することだってできます。

ただ、いくらそう言っても、大学では何かしらの学部や学科に入らなければならず、ある程度学べることは絞られてきます。だから、学部、学科選び及び大学選びはとっても重要です!

東進ハイスクール長野校では、みなさんの大学選び、学部学科選びから一生懸命サポートします!

それではまた!

 

 

 

 

 

2019年 5月 9日 大学で何を学ぶのか(奥山)

皆さん今日は。新担任助手の奥山現己です。

私は、信州大工学部の機械システム工学科に通っています。

一言でいうと歯車のイメージの学科です。

工学部機械科に所属する学生の、一意見として聞いていただけると幸いです。

 

学校の授業では、数学と物理と少しの英語をやっています。

今年私は2回生になったのですが、専門科目と英語しか、授業がなくなりました。

分野の自由度が少なくなるので、好きな分野なら無敵ですが、ニガテだと大変かもしれません。

このことから私が言えることは、「大学入学前の学部・学科選びは慎重に!」ということです。

大学で学んだことは、将来の職に直結することが多いです。

ですから、せっかくやるなら楽しくやりたいですよね。

 

分野が狭まると言いましたが、何を、どのくらい、いつまでにやるのかは自分で決められます。

学びを得られるのは授業内のみでもありません。

大学在学中に、夢ができて、方向転換をする人もいます。(学部内で転学科した友人がいます。)

大学入学までに、皆さんが知っている職業が、すべてではないと思います。

在学中に見つけることも、多いと思います。

大学では、色々なバックグラウンドを持つ友人と出会えます。

多くの人と話せる、このような好機はそう多くないかと思います。

人生の選択をしなくてはならない時は、不安になります。

そういう時、私は、自分が尊敬する人と話すことで、考えが整理されます。

青天井の世界で、将来について考えるのは楽しいと思います。

受験期も、大学入学後もこれは同じですね!

 

こんな偉そうに言いながら、私も今、夢を模索中です。

しかし、間違いなく言えることは、入試で使った数学、英語などは入学後に役に立ちます。

入試に向けて勉強していると、努力が実らないのではないかと不安になることもあると思いますが、

大学生になっても、大人になっても、人は学び続けることが出来ます。

可能性を広げるため、入試という一関門に向けて、頑張ってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年 5月 8日 大学で学んでいること!(松田)

皆さんこんにちは!大学4年生になれました(笑)松田です

さて、今回は「大学で何を学ぶのか」という題名で書かせてもらいます~(笑)

皆さんは大学で学びたいこと決まっていますか?

もちろん決まっているぜ!という人もいれば

いや、まだよくわかんないやって人もいると思うので

まずは、松田が大学で何を学んでいるのかを紹介します!

 

まず松田が学んでいること(学ぶためにやっていること)は以下になります

①教養書・哲学書とかの本を読む

②日本史の研究をする

まずは①について紹介します!

 

松田は大学生になるまで本が嫌いでした(笑)

小説とか読んで何の価値があるのだろう

とか色々思っていて、全く読んでいません(笑)

マンガばかり読んでいましたw

で、大学生になって授業を受けているうちに

ある教授の発言に対して疑問を持つようになりました

教授だから間違うはずなんてないやろ~

と思っていたのですが、

気になって本屋に行って調べていくうちに

教授の言っていることに反論できることに気づいたのです!

で、それを教授に伝えに行ったら

逆に反論されてしまって

でもそれでもおかしいと思って本を読み始めました(笑)

「本を読むと視野が広がる」とよく言われますが

なかなか実感できなくて

今まで読んでこなかったのですが

様々な立場の人の意見を知るという点で

読書は良いツールになると感じました。

社会に出た時、自分のために意見を言っていただける

そんな素敵な人に出会えれば良いですが、

読書は社会に出る前から様々な意見を自分に教えてくれます

読書の良さに気づくまでに18年もかかりましたが、

今では年間150冊以上の本を読めるようになりました(笑)

オス勧めの本とかあるので、気軽に聞いてみてくださいね~

 

②日本史の研究について

そうなんです。松田は日本史の研究をしているのです。

専門は日本近現代史なので、明治維新から戦後くらいまでを研究しています

ところでみなさんは「令和」になりましたが、何か変わったことはありましたか?

別に普段と変わりないぜ!とか

令和に変わってから自分ルールを決めました!とか

色々あるのかもしれませんが、

社会って何もそんなに変わってませんよね?(笑)

でも、私たちは飛鳥時代とか鎌倉時代とか、昭和とか色んな時代に分けて

その時代の特徴を勉強していますよね?

別に時代が変わって人が変わったわけではないのに

なぜか日本史を勉強していると

鎌倉時代から室町時代になったら何でもかんでもめっちゃ変化した!

何て思ったことはありませんか?

あと、さっき飛鳥「時代」とか鎌倉「時代」とか書きましたけど

昭和の事を昭和「時代」って言いますか?(笑)

私は言ったりしないんですけど、

でもなんで昭和とか平成とかって「時代」を付けないんでしょうか?

ただ私たちが平成を歴史としてとらえていないから「時代」を付けないだけなんでしょうか?

とか言ったことに疑問を持って研究してます(笑)

 

 

以上が、松田が大学で学んでいることになります!

でもなかなか何を学べばいいかわからない。。

そんな人が多いと思います。

では何のために大学に行くのでしょうか?

この答えが、大学で何を学ぶのかという問いに直結しているように感じます(笑)

別に数学とかを勉強することだけが決して学ぶことではありません

勿論、就職するために大学に行きたい!という人がいると思います。

なら就職するための学びをすればいいだけの話です(笑)

難しく考える必要はありません(笑)

では勉強がんばってください~~!

 

2019年 5月 7日 大学で何を学ぶのか!!(河合)

こんにちは。長野校担任助手の河合です。

 

平成も終わり無限にあるように思えたGWも終わってしまいました。

 

5月病なんて言いますが、5月の長野校はブログを毎日更新していきます!!!乞うご期待!!

 

さて!今日のテーマは「大学で何を学ぶか」です!

 

これは本当に人それぞれだとは思いますが、今日は僕自身の考えを書いていこうと思います。

 

大学って小学校、中学校、高校の延長のようでそうじゃない要素もあるんです。

 

大学では教育という役割に加えて、研究という役割も与えられているんです。

 

それが大学で学べることに大きくかかわってきます。

 

高校までは答えが存在してる問題に向き合えばよかったのに、大学では時に答えがないものに向かっていかないといけないことがあります。

 

検索しても、人に聞いても明確な答えが返ってこないなんてやってられないですよね。

 

そんな時に頼りになるのは自分の経験や知識だけだったりします。

 

「この問題を解決するには自分の中のどんなものが使えるだろう」こんなことを考えに考えていると、意外としっかりした答えが出てきたりします!

 

問題の大小にかかわらず、その瞬間は最高に気持ちいいです。

 

こうしたことをどんどんやっていくと大学である大きなものを学ぶことが出来ます。

 

それは自分の引き出しの活かし方です!!

 

高校で学んだことや大学に入ってから学んだこと、それらを総動員して自分の取り組みたい問題に取り組む。

 

大学はだいたいそんなところだと僕は思っています。

 

この力は勉強以外でも大いに役に立ちます。

 

バイクでどこか行った時も「自分の持ってるものでなんとか解決するか」とおもって行動すると旅先のたいていの問題はうまいこと行きます!

 

また大学の先生や学生のなかには引き出しの活かし方がうまい人がたくさんいます。

 

そんな人たちと話して自分の活かし方も強くしていくことができるのも大学の醍醐味です。

 

もし大学に入って研究したいことややりたいことがある人は、自分の引き出しの活かし方を一番高めてくれそうなのはどこの大学だろうとか、

 

誰のいる大学だろうとか考えて大学を選ぶのもすごくいいと思います!

 

そんな大学を目指してみなさん勉強をがんばってください!!東進長野校はそんな人たちを全力でバックアップします!!!ではまた明日のブログで!!