ブログ | 東進ハイスクール長野校|長野県

ブログ 

2020年 6月 11日 好きなことを学ぶ(松沢)

こんにちは!担任助手の松沢です。
 

最近急に暑くなってきましたね…。

室内にいても熱中症・脱水症状になることがあるので、

こまめに水分補給するなど気を付けていきたいですね!

さて、今回は将来の夢についてです。

 1,2年生の皆さんは志作文を書くにあたって、自分の将来の夢について色々考えたのではないでしょうか。

受験生の皆さんも、将来の夢や目標についてもう一度考えてみるのはどうでしょう?

あらためて考えることで、勉強を頑張るモチベーションに繋がると思います! 

 

 突然ですが、みなさん、数学は好きですか

私は、少しでも数学が好きな子を増やせたらと思い、数学教員を目指しています。

私の周りには数学が大嫌いな人が結構います。

私自身、数学が凄く得意というわけじゃないです。

人並みくらいしかできません…。

でも、なぜか一番好きな教科は数学でした。

これといって夢が決まっていなかった私は、

大学でも勉強をするなら数学がいいな、それをそのまま職業にできたらいいな

そんな考えがきっかけで教育学部数学科を選びました。

結構安直なきっかけですよね(笑)


 自分の将来の夢ややりたいことが明確にならないという人もいると思います。

まずは、自分の好きなことから考えてみるのはどうでしょう?

そこから進学したい学部や将来就きたい職業などにつながるかもしれません。

 

夏期特別招待講習 受付中です!

充実した夏になるように、東進で新生活始めませんか?

↓詳しくはこちらをクリック↓

 

2020年 6月 7日 志が決まらなくても(西原)

こんにちは!担任助手の西原です!

低学年の皆さんは志作文を書いているのではないかと思います。

(もう書き終わった人もいるのかな?)

行き詰まったりしてまだ書き終わっていない人は

担任助手に相談してみてください!

書き方についての助言など、

何か力になれることがあるかもしれません。

 

ところで、皆さんの中には

「自分の志がはっきり決まらない!!」

と悩んでいる人もいるかもしれません。

個人的には、100%具体的に決める必要性はないと思っています。

(もちろん、決まっていればそれに向けて努力しやすくなりますが)

ただ、行きたい学部・学科などの方向性はある程度決めておいてほしいです。

 

僕は、高校生の頃は「化学系の仕事をしたいなぁ」となんとなく思っていました。

それで化学系の学科を志望しました。

現時点では、研究者になりたいと思っていますが、

まだ迷っているところです。

 

大学では多くの専門的なことを学びます。

そこで具体的な夢・志を決めても良いのです。

大学に入ってから将来の夢が変わる人もたくさんいます。

そのため、今の志と将来の姿が異なっていても全く構いません!

大切なのは自分の将来を「考える」ことだと思います。

そしてそれが皆さんの勉強のモチベーションにつながることを願っています!!


 

夏期特別招待講習 受付中です!

充実した夏になるように、東進で新生活始めませんか?

↓詳しくはこちらをクリック↓

 

2020年 6月 5日 将来を考える(古谷)

こんにちは、長野校担任助手の古谷です。

低学年のみなさんは、志作文を通して、自分の将来の夢は何だろう。自分はどんなことがやりたいのだろうと考えていることかと思います。

志を持つことの意味については、5月20日の土岐担任助手のブログをチェックしてみてください。

 

さて、今回は私の入学した大学とその理由、そして将来の夢について話したいと思います。

私は今、信州大学教育学部、特別支援教育コースの3年生です。

そうです、私は学校の先生になりたくて、教育学部にはいったのです!小さいころからの夢でした。

でも、特別支援教育コースって何?と思う人もいるかもしれません。特別支援教育とは、障害のある生徒に対しての生活や学習上の困難を改善・克服できるように必要な支援を行う教育のことです。

私が特別支援教育に興味を持ち始めたのは、中学3年の頃からです。

私は小1から中3まで、習い事で柔道をやっていました。その道場に、障害を持っている友達が何人かいたんです。一緒に練習したり、練習前や休憩中に遊んだりと苦楽を共にした仲間だったわけです。

そんな経験のおかげで、中3のときに特別支援教育の存在を知ったとき、自分にも役に立てないだろうかと思いました。

 

ただ、私はついこの間、教師になる夢を諦めました

これだけ長く話しておいてなんだよ!と思いますよね(笑)すみません!

でも、この決断ができたのも、自分のやりたいと思うことについて本気になって向き合うことが出来たからだと思うのです。

自分で言うのもなんですが、私は特別支援に関する授業や、教育実習に対して、「将来使う知識だ」「いつかこのような現場に自分が立つんだ」という気持ちでやってました。だからこそ深く考えることができ、決めることが出来たと思っています。

早い段階で自分の将来について考えておくことで、それに対して全力で勉強や行動でする時間ができ、そこからまた新たな考えが生まれて判断できるというお話でした。

参考になれば嬉しいです!ではまた!

 


 

夏期特別招待講習 受付中です!

充実した夏になるように、東進で新生活始めませんか?

↓詳しくはこちらをクリック↓

2020年 6月 2日 将来の夢について(三浦)

こんにちは!長野校担任助手の三浦です!

低学年の生徒の皆さんは今、志作文を通して自分の将来の夢や志を改めて考えていると思います。

今回は僕の将来の夢などを紹介していこうと思います。

志作文を書くにあたって参考になれば幸いです。

今僕は信州大学工学部建築学科に通っています。

僕は伝統的な建築物について興味があり、信州大学にはそういったことが学べるカリキュラムがあったのでここに進学しました。

木造建築には、木造建築にしか出せない味だとか心地の良さなどがあると思います。現在木造以外の様々な建築物が立てられている中、昔から伝わってきた日本の伝統的な建築の良さを

これからも日本に継承していきたいというのが僕の志です。

また、日本の現在の住宅を見てみると、一世代だけしか使われずに取り壊されたり、新しい家庭が新しい家を建てるということが多いように感じます。

そこで、何世代にも渡って引き継がれていったり、何十年間住み続けた後でも後継者が現れるような、何年経っても価値の下がらない家を建てるというのが僕の大きな夢です。

自分の将来の夢を実現させるには様々な課題があります。

まずは、将来の夢の実現に近づけるように今できることをしっかりやっていこうと思っています。

皆さんも将来の夢や志が見つかれば、今やっている勉強の意味が見い出せてくると思います!この機会にぜひ志作文を書いてみてください!

 

2020年 6月 1日 志望校は決まっていますか?(田村)

こんにちは!

長野校担任助手の田村です。

 

突然ですが、

 

高1、2生のみなさん、志望校は決まっていますか?

何故このようなことを聞くかというと、受験生になってから志望校を決めるのは遅すぎるからです。

 

志望校とは、みなさんが勉強するうえで大切な目標であり、指標です。

目指す場所が定まっていないと、そこまで行くルートもフラフラしてしまいます。

 

フラフラするということは、無駄な道を歩むということです。

真っ直ぐひたすら目的地に向かう人とあっちに、こっちにと向かう人…

どちらの人がより早く目的地に着くかは明確ですね。

 

是非、最短ルートを目指してください!!

 

そして最後に

志望校を考える際は、「大学で自分が何を学びたいか」「大学で何をしたいか」を考えてください。

皆さんが理想とするキャンパスライフを描いてください。

 

 


 

夏期特別招待講習の申込が今日から始まりました!!

詳細は下のバーナーをクリックしてください。

 

 

 


 

1日体験も絶賛受付中です!!