ブログ | 東進ハイスクール長野校|長野県

ブログ 

2020年 7月 11日 だから過去問を解こう!(河合)

こんにちは!担任助手の河合です。今日は過去問の重要性について話していこうと思います!

 

受験学年の方は「早く過去問をやろう」とここ2か月くらい言われ続けていますよね。

過去問なぜそんなにも重要視されているのか!理由は1つです。

 

自分たちの本番の問題を作る人たちが作ったものだから です!!

 

模試の問題はあくまで本番を予想してまったく別の人間が作ったものです。

だから雰囲気も似ていて自分の実力を把握するうえで参考になります。

過去問は本番の問題です。

二次試験や私大の試験ならその大学の先生がどんな学生が欲しいかを考えながら作成しています。

そのためその大学の求めていることが過去問に表れています。

またその年に受験した人はその問題ができたできなかったで合格不合格が決まっています。

その重みも過去問ならではのものです。

 

自分のラーメン屋を開きたい人が一歩目としてラーメン屋でアルバイトするのと同じです。

ラーメン屋を目指している人がケーキ屋で働いていたら「???」ってなりますよね。

 

自分の志望校の過去問を解いて初めて、その大学の対策が始まります。

通期講座や学校の授業は過去問で十分に力を発揮して対策を進めやすくするための準備です!

 

小中高の学生生活で一番勉強する夏になると思います!

東進のスタッフ全員でみなさんをサポートするので一緒に頑張っていきましょう!

——————

夏期講習の申し込みはすでに始まっています!

東進でこの夏頑張ってみたい方は下のバナーをクリック!!

2020年 7月 7日 模試の活用方法!(土岐)

こんにちは!

担任助手の土岐です!

 

最近では、文化祭の準備をしている学校もあるみたいですね!

今年は思うような形で文化祭をできない状況かもしれませんが、

前向きにたくさんの思い出を作ってくださいね😊

 

先日東進では全国統一テストがあり、成績帳票が返ってきた頃ですね。

そこで今回のブログでは、「模試の活用の仕方」について書きたいと思います!

 

模試を受ける前:目標得点を決める!

志望大学の共通テストの合格得点率は何割か、そのうえで今回の模試では何割取りたいのか、という目標を、模試受験前に立てておきましょう!

 

模試受験直後:自己採点!

共通テスト本番では、自己採点の点数をもとに志望校に出願します。

そのため、本番までに、正しく自己採点をする練習をしておく必要があります。

 

模試の成績帳票が返ってきた後:めちゃくちゃ分析する!

成績帳票を見るとき、「偏差値」や「志望校の判定」がどうしても気になってしまうと思いますが・・・

一番見てほしいのは、各教科の得点率のところです!

 

周りの正解率が高いのに、自分が間違えてしまっている問題はないか

まだ点を取り切れていない分野はないか

 

・・・などについて徹底的に分析しましょう!

そして見つけた自分の弱点を、「大問分野別演習」で復習しましょう!

 

以上の流れを模試の受験前・受験後に行うようにしてください!

模試を上手に活用して、次回の模試での成績アップを目指しましょう😊

2020年 7月 6日 渡辺勝彦先生(英語)公開授業のお知らせ

 

公開授業のお知らせ☆彡

 


 

★渡辺勝彦先生が長野にやってくる!!

 

東進が誇る超実力派英語講師 渡辺勝彦先生が



7月21日(火)19:30~21:00



東進ハイクール長野校にて公開授業を行います!!

★見た瞬間に文法問題の答えがわかる!!


★長文に隠された「サイン」の見つけ方とは…!?

 

東進生もそうでない人も見逃すな!!

絶賛参加者募集中!!

 



⇓お申込は下の画像をクリック!!


 

 


 

★夏期特別招待も受付中です!

2020年 7月 3日 数学大問別演習会をやります!(松沢)

こんにちは!担任助手の松沢です。

みなさん、過去問は進んでいますか?

7月の目標は共通テスト予想問題5年分修了です。

計画的に進めていきましょう!

 

さて今回長野校では、この過去問演習の時期に合わせて数学の大問別演習会を行います!

簡単に言うと、みんなで大問を解こう!という会です。

数学は、英語や国語などの文系科目と違い、押さえなければいけない知識が比較的少ないです。

基礎さえしっかり押さえておけば、

演習を重ねることで問題や解き方のパターンを覚え、だんだんと解けるようになっていきます!

過去の模試等で「あまり点が取れなかったな」と思う単元がある人

数学が苦手な人

数学が嫌いで「勉強しなきゃ」と思いながらも逃げがちな人

演習会に参加してみんなで一緒に数学に立ち向かいませんか?

各回で扱う大問は以下の通りです。
(扱う問題によっては内容が少し被ることがあります)

数学①

第1回 数と式、2次関数
第2回 図形と計量、図形の性質
第3回 集合と命題、場合の数と確率
第4回 データの分析、整数の性質

数学②

第1回 三角関数、指数・対数関数

第2回 微積分、数列

第3回 図形と方程式、ベクトル

第1回は7/5㈰ 16:30~17:30数学①/17:30~18:30数学② です。

どちらも前半後半30分で区切るので、どちらかのみという参加もOKです!
是非参加してください!

2020年 6月 27日 サボるために将来を考える(河合)

こんにちは!担任助手の河合です。2020年の半分がもうそろそろ終わりますね。

今年はコロナの影響で行事も少なく、特に短く感じる年ですね。

 

そんなことはどうでもよくて、みなさん将来の夢とか目標を考えたことありますか?

将来の夢を考えることや目標を決めることで日々の勉強や過ごし方がすごく楽になります。

 

 

いまの自分となりたい自分にどれくらい差があるのか分かると必要な努力量も分かります。

逆に必要ない努力や学習も見えてきます。全力を出すべきポイントが分かるので勉強も楽になります。

目標を決めることなく勉強に取り組むとすべてが重要に見えて

苦労するので気を付けましょう!

例えるなら腕立て伏せ。

「100回必要だから100回やれ」と言われるのと、

「俺がOKというまでやり続けろ」と言われるのだと腕立て一回の精神的なつらさが変わりますよね!

 

 

 

なりたい自分の姿について事前に想像しておくと試験でのストレスも減らせます。

なりたい姿になるための道を考えていくと思ったよりも道が多くて、

目の前の試験の合格が必須ではないことが分かります。

だから「失敗しても道あるわ」の精神でプレッシャーもだいぶ少なくなります。

 

そんな自分を楽にしてくれる将来の夢や目標は

やってみる、行ってみる、調べてみるの繰り返しで見つかると私は考えています!

興味のあることをとにかくやってみることが大事です!

興味の湧くものがない人は適当に手当たり次第やってみましょう!どこかで必ずしっくりきます。

 

高校生のうちに将来の夢や目標を固めるという決まりはありませんが、

大学受験を少しだけ楽に捉えることができるので試してみましょう!

 

やってみることが見つからない人は無料の夏期講習をチェック!何か変わるかも!

↓詳しくはこちらをクリック↓