ブログ | 東進ハイスクール 長野校 大学受験の予備校・塾|長野県 東進ハイスクール長野校|長野県

ブログ 2021年08月の記事一覧

2021年 8月 26日 夏が終わる…(宇佐美)

みなさんこんにちは、

かなり久々の登場、担任助手の宇佐美です。

なんか最近急に涼しくなりましたね。

短い夏があっという間に終わり

ここからは今までの倍ぐらいの体感で、

あっという間に受験当日になると思います。

あれやこれやとやらなきゃいけないことが出てきて

「ああ、夏にやっとけば良かったな。。」

なんて思うことも、もしかしたらあるのかもしれません。

これは夏に精一杯頑張った人、残念ながら頑張れなかった人、

どちらにも起こりえることです。(結構当たり前に思うことだと思います。)

 

最近、どうして頑張り切れない(最低限やらなければいけない事ができない)受験生

がいるのだろうと考えることが多いです。

 

やらなければいけないことを定義すると

東進が定める合格可能性をたたかくする努力の過程である

勝利の方程式に沿うようなことです。

皆さんはできているでしょうか?

 

できている人はとても立派です。

そのまま頑張ってください。

できていない人は危険です。

一度なぜできないかを考えましょう。

 

皆さんは志望校を決めた段階で、自分の学力から客観的に判断して

最良の将来へ最短で到達できるような大学を

第一志望として目指すことにしたのだと思います。

 

つまりやらなければいけない事ができない受験生は

自分が理想とする将来から確実に遠ざかっていると思うのです。

 

そうまでしてできない理由は何なのか。

もしあるのであればそれを解消して

第一志望合格への最良最短の努力の仕方を導くのが担任助手だと思っています。

どうしてもやらなければいけない事ができない方は是非教えてください。

一緒に考えていきましょう。

2021年 8月 25日 夏休み終わりのこれからの勉強(中林)

 

 

こんにちは、担任助手の中林です!

 

今回は、夏休みを終えかかるこの時期にきてこれからの

勉強方法についてお話していきたいと思います。

 

まずは、何よりも基礎の徹底です(高速基礎マスター等)

基礎が曖昧のまま、演習を続けたところでちゃんと問題も

理解できないままやっていても何の意味も無いです!!

基礎は今まで通り習慣としてやっていきましょう!

 

特に25日現在は共通テスト本番レベル模試受験後だと思うので,しっかり問題の復習も忘れずに行いましょう!

 

 

次に、過去問演習です!!

この時期はすでに多くの生徒がやっていると思いますが

ただやっただけでは、意味がありません。答えを理解し、

傾向をつかみ、分析することが大切です!!

東進では共通テスト過去問,二次過去問ともに解説授業があるので,

わからないところは必ず,解説授業を活用して理解をしましょう!

 

そこから,東進生は仕上げ特訓コースの”単元ジャンル演習“や”第一志望校対策演習“など

東進ならではのAIを活用した講座を活用していきましょう!

これからも勉強を頑張り続けましょう!

2021年 8月 23日 ここからは苦手分野をつぶす期間!!(土井)

こんにちは、東進ハイスクール長野校担任助手の土井です。

 

もう夏休みも終盤にさしかかり、

受験生にとっては一つの大きな区切りとなる

共通テスト本番レベル模試も先日、終了しました。

この夏頑張ったからこそ、いつもの模試よりも

緊張感があったのではないでしょうか?

今ある自分の力は発揮できましたか?

 

皆さんの夏の頑張りが

模試の結果に表れていることを願っています!

 

 

そこであと一週間で8月も終わり、9月が始まります。

ここからは共通テストと二次私大の過去問演習で見つかった

自分の苦手な分野を

単元ジャンル別演習を使ってつぶしていく期間

に入っていきます。

今見つかっている自分の苦手な範囲は、

受験までの期間で必ず克服して本番までに得点に繋げていきましょう!

 

また、夏休みの期間ひたすらアウトプットをし続けて、

少し忘れてしまっている用語や範囲が出てきているかと思います。

苦手分野だけでなく少し自信がなかったり

怪しいと思っている単元の用語や公式などは

必ずこの期間に見直しておきましょう。

 

もう本番までに基礎を埋める時間はありません!

基礎こそ!土台こそ!少しでも不安な点があるのなら

しっかり理解しておかなければいけません。

 

 

 

 

そして、、、

 

ここから冬に向けての期間は

メンタル的にしんどくなることが

多くなるかも知れません。

 

夏の疲れや学校との両立の大変さに加えて、

もう残された期間への焦りや

合格への不安などが一気に襲ってくると思います。

でも大丈夫!

不安も心配も焦りも、みんなみんな一緒です。


余裕に見える隣の子も実は見えないだけで

きっと不安でどうにかなりそうになりながら座ってます(笑)

 

模試の結果に落ち込んでしまう日もやる気がなんだか出ない日もあるけど

そんな日が来るのも、もう残り少ないです。

また立ち上がって自分の勉強を信じて

一日一日を大切に過ごしてくださいね。

応援しています!

2021年 8月 20日 夏休はどうでしたか?(竹内)

こんにちは! 長野校担任助手の竹内です!!

もうすぐ夏休みが終わりますね。有意義な夏休みとなったでしょうか?

納得のいくような過ごし方ができた人もそうではない人もいると思います。

でもここで結果が出るわけではありません。

この夏休みものすごく頑張った人も夏頑張ったからいいや と手を抜き始めるとあっという間に抜かされていってしまいます。

あんまり上手くいかなかったなくいかなかったなという人もここから巻き返せます。

またここから気を抜かず毎日こつこつと頑張っていきましょう!!

 

最近「リスニングの点数が上がらない…」という声をよく聞くのでリスニングの対策について話していこうと思います。

私自身リスニングは得意でセンター試験直前期の演習では毎回だいたい48~50/50点でした。

共通テストでは100点満点になっていろいろなことが変わっていますが対策は変わらないと思います。

リスニングの点数を上げるにはとにかく聞くことが大切です。

登下校の時、休憩中などにとにかくネイティブの英語をずっと聞いていました。

最初は何を話しているのか全く分からないと思いますがだんだん内容が聞き取れるようになっていくはずです。

そして過去問や演習問題を根気よくとにかく量をこなすことも大切です。

勉強に疲れたらぜひ音楽とか映画とかどんなものでもいいのでネイティブの英語を聞いてみてください!!

 

そしてリスニングでもし何か困ったことがあったら相談してくださいね!

 

 

 

 

 

2021年 8月 20日 この時期に過去問演習をやる理由(三浦)

こんにちは!担任助手の三浦です

8月も後半になりましたが、過去問演習の進捗はいかがですか?

二次私大の過去問は解きましたか?

まだ点数が取れないから」、「まだインプットがおわっていないから

と、先延ばしにしている人はいませんか?

もちろん、今解いたところで点数が取れるわけはありません。

それも担任助手はわかった上で言っています。

では、なぜこの時期に過去問演習をやらないといけないのか を紹介します!

 

1.過去問の分析のため

過去問を解く目的は、その過去問の分析のためです。

分析をしないと、今後の努力のベクトルが違う方向を向く可能性があります。

正しい方向性で今後学習を進めていくためにも、時間が一番取れるこの時期に過去問をやる必要があります!

2.今後の学習方針が決まる

先ほども言いましたが、過去問を解き、分析をすることで、自分の弱点や足りないもの、またその大学でよく出される問題形式がわかります。

よって、これから何を勉強していけばいいのか明確になり、効率よく学習が進められます

 

難しくて解けないのは当たり前です!

今過去問演習をやることで今後の学習に大きく影響していくので、逃げずに頑張って進んでいきましょう!