6月 | 2019 | 東進ハイスクール長野校|長野県

ブログ 2019年06月の記事一覧

2019年 6月 20日 一気に駆け上がる夏にするために

こんにちは。担任助手の奥山です。

定期試験や文化祭で忙しい時期ですね。

忙しさに負けそうになっても,ルーティーンにしている勉強は,

コンスタントに続けてほしいと思います。

 

【本題】受験生はもちろん,すべての高校生が,充実した夏を過ごすために

定期試験や文化祭が終ると,瞬く間に夏がやってきます。

小学生の頃は,自由に過ごせる時間が多く,楽だった夏休みですが,中学,高校に上がると,部活があったり,登校必須の日がとても多かったりと忙しく,夏休みなのにあまり休めていないのではないでしょうか?

これは,学生の期間は,将来,社会的,経済的に独立するための助走であるためでしょう。

自分を成長させるのには,何らかの苦痛が伴います。助走をつけて走ることをやめてしまえば,高い跳び箱は飛べません。

そこで,休まずに続けるバロメーターとして活用してほしいのが,東進夏期講習です。

夏休みは,受験生がその気になれば1日10時間以上勉強ができます。

約40日間,12時間勉強を続けると,480時間にもなり,一学期終了から,受験勉強に使える時間が約1500時間といわれていることを考えると,32%で,ほぼ三分の一が夏休みということです。

受験結果に大きな影響を及ぼさないはずはありません。志望校,絶対合格という目標を決めたからには,皆さんは,一生懸命に努力するでしょう。東進の夏期講習では,その努力が実るよう,皆さんの志望大学,現在の状況に合わせた豊富なラインナップがそろっています。

各科目の集中講座はもちろん,

センター対策(最新10年分の徹底解説授業)

過去問演習講座(圧倒的演習量と徹底的な添削が受けられる)

もあり,赤本などを独学で対策するのとは,効率が違います。

全力で頑張る皆さんが,試験本番に一点でも多く得点できるよう,東進が膨大なデータに基づく逆算をして,一人ひとりに最適な講座を提案します。

これまでで,一番苦しい,けれども,一番実りある夏にしましょう。

                               奥山現己

 

 

2019年 6月 14日 定期テストの考え方!

皆さん、こんにちは!長野校担任助手、古谷です。

 

学校の中間テスト終わりましたか?? 科目が多くて大変ですよね。

 

さて、今回は定期テストと受験勉強についてはなしたいと思います。

最近、よくこんな言葉を耳にします。

来週から学校のテストだから、受講できない~

??!!え??

それを聞くと、私はとても疑問に思ってしまいます。 本当にテスト期間中には、受講をする時間がとれないのでしょうか?

他の塾では、定期テストなんて関係なしに、毎週授業はありますしね。

 

それに、受験生の人たちには特に考えて欲しいのですが、高校生活での目標はなんなのかということです。きっと自分の行きたい大学へ合格することが誰しもの目標なのではないでしょうか。

指定校推薦で大学へ行きたいなんて人は大いにテスト勉強してくれて構いません。

ですが、受験勉強を差し置いてまで、受験で使わない科目、音楽や情報などの副教科、学校で配られたプリントの丸暗記、一夜漬けでテストを受けた後はすぐ忘れる。

そんな勉強をしていてよいのでしょうか!

…ちょっと熱くなってしまいました。

確かに、受験に使わない内容でも、人生に役立つことってたくさんありますよね。

 

私が言いたいのは、「定期テスト勉強はするな」ということではありません。

定期テストと受験勉強の両立はできないのか、定期テスト勉強を受験勉強に生かせないのか、考えることが重要だということです!

例えば、数学の演習をするために問題集を解くこととか、単語帳を一夜漬けでやるのではなく、コツコツやっていくとかですね!

 

みなさんも、なんで定期テスト勉強してるのか、これは受験に役立つか、考えてみてください!

2019年 6月 13日 負けに不思議の負けなし!模試復習!(河合)

こんにちは!担任助手の河合です!

少し日が空いてしまいましたが皆さん元気ですか?

 

6月も中盤!前回のブログの方法を何度も読んで強い自分に近づいていきましょう!!

 

さて、突然ですが皆さんは今日のブログの題名に聞き覚えはありますか?

 

「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」

 

野球好きな方なら聞いたことあるんじゃないでしょうか。

そうです元楽天イーグルス監督の野村克也さんがよく言っている言葉です!

これ実は江戸時代の大名、松浦静山の言葉なんですが、

野村元監督のおかげでかなり有名な言葉になりました。

 

この言葉!どんな意味だか分かりますか?

負けには必ず理由がある。そういうことです!そのままの意味ですね(笑)

 

この考え受験勉強においてもすごく大事な考えなんです。

本番のつもりで皆さんが挑む本番レベル模試。そこでいい点が取れたらうれしいし思ったようにとれなかったら悔しいですよね。

ここでいう負けとは自分の目標より低い点を取ってしまうことです。

 

そして大切なのはその点としっかり向き合って原因を見つけることです!

そこには必ず理由が存在します。

演習量が足りなかったのか、時間配分を間違えたのか、あやふやな理解のままにしてしまっていたのか、人それぞれ違うとは思うますがこれまでの自分を振り返れば必ず理由が見つかります!

 

それを見て見ぬふりをしていては次も負けてしまうのでここで克服してしまいましょう!!

 

そんな気持ちで臨む模試の復習で僕がおすすめするのは2ステップ!

 

ステップ1   <模試を解きなおす>

ガンガン解きなおしましょう。自分の100点の答案が完成するまで、どうしてこういう答えなのか聞かれたら対応できるくらいの自信が持てるまで、その問題ができた友達に聞きまくるとかしてやりまくりましょう。

 

ステップ2  <類題を解く>

類題を解く!!!

 

この2ステップを徹底することで敵だった模試たちがどんどん自分の味方になっていきます。

 

さあ6月9日の模試の復習をしよう!!

 

 

 

ここでわかった自分の弱点を夏期講習でつぶすのはかなりおすすめです!!

秋には得意教科として模試を引っ張っているかも!!