7月 | 2018 | 東進ハイスクール長野校|長野県

ブログ 2018年07月の記事一覧

2018年 7月 30日 長野校のみなさんへ☀(早川)

みなさん、こんにちは!

長野校担任助手の早川です!

あとちょっとで8月!

日にちが経つのが早すぎる気がして驚いています。

 

さて、今回、私、早川からみなさんにお伝えしたいことがございます!

実は来週から、来年の3月まで、

フィリピンのセブ島に長期インターンシップに行くことになりました。

以前から、何度かお世話になっているボランティア団体で、

インターンシップとして、再びお世話になることになりました。

なので、しばらく校舎にも出現しなくなりますし、

ブログの更新も今回が最後になると思います!(たぶん…笑)

 

8か月という長い間いなくなってしまうので、次

にみなさんとお会いできるのは、

いつでしょうか…わかりませんが、

そのころには、みなさんがさらに成長していることを願っています

 

私は去年から長野校でお仕事をさせていただいていますが、

早川が担当していたみなさんも、

担当ではなかったけれど、笑顔で挨拶してくれたり、

色々なお話をしてくれたみなさんも、

毎日、大雨の日もとても暑くて溶けてしまいそうな日も、

大雪でまともに歩けないような日も

校舎に来て頑張っていました。

そんなみなさんを近くで見ていて、

私ももっともっと頑張らなければ…という気持ちにさせてもらっていました。

 

私が生涯かけてやりたいことの1つに、

「世界中の勉強したくても、貧困が理由で環境が整わず勉強することができない子どもたちを支援する」

ということがあります。

自分のやりたいことの勉強が、今回のインターンシップでたくさんできると思います。

学べることが山ほどあると思います。

フィリピンでも私らしく頑張りたいと思っています。

 

また、成長した姿で校舎に来るので、

その時にみなさんもさらに成長した姿で長野校にいてくれると嬉しいです?

それでは、また会いましょう!

同期の宮川さんと。

 

早川穂乃花

 

2018年 7月 26日 夏休みはオープンキャンパスに行こう!(土岐)

こんにちは!

東進ハイスクール長野校担任助手の土岐です。

 

最近はずっと真夏日が続いていますね・・・

長野県って避暑地のイメージがあったのですが、あまりにも暑くて驚いています(^^;

 

みなさんも、夏バテや熱中症にならないよう、

体調管理はきちんとしましょう!

 

さて、今回のブログのテーマは、「わたしの夏休み~オープンキャンパス編~」です!

夏休みにオープンキャンパスに参加することの意義について書きたいと思います。

 

わたしは、高1・2生のとき、たくさんオープンキャンパスに行くようにしていました!

その理由としては、志望校を絞りたかったからです。

 

自分の学びたい分野(教育)、高1の時点で決めていました。

しかし、あまりにも大学が多くて決めかねていました。

気になった大学のHPや、パンフレットを見るようにはしていましたが、

それだけではイマイチ分からなくて(^^;

 

だから、大学に実際に足を運び、目で耳で自分に合うか合わないか判断しようと思ったのです。

 

オープンキャンパスに行くことのメリットは、

・大学の雰囲気を感じられる!

・講義を体験できる!

・学生さんや、教授の方々に、直接質問できる!

などがあげられると思います。

 

また、大学によっては、

シャープペンシルやボールペンのセットなど、実用的な大学のグッズをもらえたりするので、

それ目当てでも良いと思います!(笑)

 

長野校に通っているみなさんだと、

大学によっては遠くて普段なかなか行けないと思うので、

ぜひたくさん時間がある夏休みにオープンキャンパスに行きましょう!

 

ちょっとした旅行気分で楽しいと思います?

 

----------------------------------------------------------------

 

東進ハイスクールでは、

「夏期特別招待講習」を実施しています!!!

 

31日までのお申し込みで、2講座まで無料体験することができます。

 

この夏は一緒に東進で頑張りましょう!

たくさんの方が東進ハイスクール長野校に足を運んでもらえることを願っています!

 

 

2018年 7月 25日 僕の夏休み~オープンキャンパス編~(松田)

はい!どうもこんにちは、松田です!

先日、東京に行ったらユーチューバーに話しかけられたけどそんなに有名じゃなかったから反応に困りました(笑)

 

さて今回は僕の夏休み~オープンキャンパス編~という事で、僕の行ったオープンキャンパスについて書きたいと思います。

僕は高校1年生の時に、先生から言われて地元の金沢大学理学部に行きました。え、しゃべりは関西弁なのに?と思った方、今度理由を聞いてみてね(笑)

その時は文理選択についてはまだ何も決まていなかったので、漠然と宇宙に興味があったので、理学部に行ってみました。

金沢大学に部活の先輩がいたので、その先輩に案内してもらいながら、車に乗っていろんなキャンパスに行きました(笑)

正直な話、理学部に来て医学部とか文学部とか色々行けてとてもラッキーで、いろんな人としゃべることができ自分の考えが深まりました。

今でもとてもいい思い出です(笑)

 

そんな松田君は2年生になって、本格的に志望校が決まり2年目のオープンキャンパスは名古屋大学の教育学部と、愛知教育大学に行きました。

名古屋大学は図書館が広すぎてビビりました(笑)本当に旧帝大はすごいなと感じました。

愛知教育大学はそこの吹奏楽団の方と仲良くなって研究室にも足を運ぶことができました。

そこにいらっしゃた教授(名前は伏せますが教育方法に関して画期的な考えをお持ちで、そこの大学の名物教授でした。)との話し合いは、今でも忘れないくらい鮮明に覚えています。

 

オープンキャンパスに行って得られたことは大学という場所は高校とは本当に比べられないくらい広いという事、自分の目でしっかりと見て、思い描くキャンパスライフがより具体的になったことです。

私は結果的にオープンキャンパスで行かなかった大学に進学しましたが、高校生という若い時期に大学に触れ、権威のある教授と話せたことは今でも私の大きな財産となっています。

みなさんも自分に興味のある人はもちろん、興味のない人も行けば必ず何かあるので、自分で自分の将来をつかみに行ってやるという姿勢で

一度くらいは大学のオープンキャンパスに行ってみてはいかがでしょうか。

ちなみに大学なので、必ずしもオープンキャンパスのに申しこまないと見学はできないという事はありません(笑)

私も部活があったので予定が一切合わず、正直部活が最優先だったので、アポなし突撃で行きましたよ!

 

 

2018年 7月 23日 オープンキャンパスのおもひで(早川)

みなさん、こんにちは!

長野校担任助手の早川です!

私事ですが、

最近は、TOEICなり大学のレポート課題なり大学のテスト勉強なりと

やるべきことがたくさんです?

ですが、全部とても重要なので、気を抜かず頑張っていきたいと思います!

 

さて、今回は私が高校2年生の時に行ったオープンキャンパスの話をしていきたいと思います。

 

みなさん、もうオープンキャンパスの申し込みは済みましたか?

オープンキャンパスは、各大学の雰囲気や特徴などをたくさん見ることができるので、

ぜひ、志望している大学や、気になっている大学があれば、1,2年生のうちに行ってほしいです!

(受験生は受験勉強を優先してほしいです…笑)

 

私は、高2の夏休みに学校でオープンキャンパスに参加しようという行事があったので、

それで当時気になっていた大学に行ってみました。

キャンパスに入ったときに広くて、これが大学なのかぁって驚いた記憶があります。

しかし、大学内に入ったはいいものの、中で何をしたらいいのかを全然わかっておらず…(^^;

ひたすら、大学内を歩き回って終わりになってしまいました…(笑)

 

今になって思うのは、オープンキャンパスの時に行われている模擬授業や、

キャンパスツアー受験の形式などの質問できたらしく、

もっとそういった大学の特色を知ることのできるものに参加しておけばよかったなぁ、なんて

後悔です。

 

やはりオープンキャンパスに行くことは価値があると思いますが、

もっとその大学に踏み込んで、

特色や雰囲気、学生の様子などを見ることができれば、

さらに価値があると思います!

 

みなさんも、私の失敗を踏まえて、

オープンキャンパスに行って、大学進学への意識をもっと高めていきましょう!

 

 


 

 

東進の仕組み・映像授業について深く知るには今がチャンス!!

 

3年生は1講座受講できます!

勉強について不安な方、学校での授業を先どりしたい方など大歓迎です!!

 

↓お申し込みはこちらから↓

 

 

2018年 7月 18日 僕の夏やすみ~1,2年生編~(松田)

おはようございます、こんにちは、こんばんは!  松田です

本格的な夏も近づき、学校生活ももうすぐ1学期が終わります。特に受験生は1日1日を悔いのない日にしてください

さて今回のお題は、僕の夏休み~1,2年生編~という事で、前回は受験生編を書かせていただきましたが、1,2年生について書きたいと思います。

 

前回も書かせていただきましたが、私は全国レベルの吹奏楽部に所属していたため全く勉強していませんでした(笑)本当にいいわけですね(笑)

友達と花火を見に行ったり、海に行ったり、BBQをしたりと部活の合間を縫っては遊びに遊んでいました(苦笑い)

そんなこともあって高校2年生の夏休み明けにあった某模試では偏差値が30とかでした。リアルな数字です(笑)

その時はその高校で歴代最下位の偏差値だといわれてしまい、担任の先生と三者面談した時に自分の母親と大笑いした記憶があります(笑)

正直高校1,2年生の時は全く勉強していませんでした。

今思うと、勉強するほかにたくさんの友達ができたし、楽しい思い出がいっぱい作れて良いなと思います。

 

ですが、私の周りには夏休みで点数を飛躍して難関大学に合格した友達が多くいます

一緒に遊んでいたはずの友達が、なぜか夏休みを境に勉強できるようになっていました。

高校生の松田は正直びっくりしました。「なんであいつらはあんなに勉強できるんだろう」と、、、。。

観察していると、点数が上がった人は、形式は違えど、スケジュール表みたいなものを使って勉強の予定を決めていました。

私は何で勉強みたいなめんどくさいものをわざわざ予定立ててまでやるのだろうと不思議に思いました。

遊びの予定なら余裕で埋まるのに(笑)とか思いつつしばらく考えましたが、

やはり「予定を立てて計画的に勉強すること」が私の周りで点数があっがた人たちの共通していることでした。

 

今思うと、長いスパンである夏休みを計画的に勉強することは点数を上げる重要な要素なのだと思います。

3年生から始めてみてもいいですが、自分にその計画表を使った勉強法が合っているかを確認することができません。

できれば1、2年生の時間があるときに実践してみて、自分にその勉強法があっているのかを確認したほうが良いと思います。

「いや、それでも私は計画を立てて勉強することに反対です」と思う方もいると思います。

個人的にはそれでもいいともいますが、一番は点数が飛躍的に上がっている人が何をしていたのか、を考えてみることだと思います。

 

ということで、特に1、2年生の皆さんは計画的に勉強してみてはいかがでしょうか?

123