ブログ | 東進ハイスクール長野校|長野県

ブログ 

2020年 1月 4日 【高1・2生向け】大学に進学する意義とは…?(常盤)

みなさん、こんにちは!!

担任助手の常盤です。

センター試験まで残り2週間をきりましたね!

高1・2生のみなさんは来年・再来年をイメージして勉強に取り組めているでしょうか?

 

 

 

さて、突然ですが質問です。

あなたが大学に進学する理由は何ですか?

答えられましたか?

 

将来の夢を叶えるため…研究したいことがあるから…東京に行きたいから…

周りも行くから自分も..親の期待に応えるため…

.おもしろそうだから…勝ち組になるため…4年間遊びたいから…

 

様々な答えがあると思いますが、意外と難しかったのではないでしょうか?

 

 

 

私は高校生の頃、「なぜその大学を志望行きたいのか」ということは考えても、

「そもそもなぜ大学に進学するのか」ということは考えていませんでした。

大学に進学するのは当たり前だと思っていたからです。

 

親も、先生も、周りの大人たちはみんな大学を出ているし、

周りの友達もみんな大学進学に向けて勉強している。

そのような環境にいる高校生のほとんどは、

きっと、大学進学を当たり前のこととして捉えていると思います。

東進に通っている生徒のみなさんは特に当てはまるのではないでしょうか?

 

 

 

しかし文部科学省によると、2019年の大学進学率約54.7%であり、

約半数の人が大学に進学していないということがわかります。

大学の学費(国公立の場合でも4年間で平均約250万円!)が払えないから、

勉強が嫌いだから、

やりたいことが大学に進学しなくてもできるから、

など様々な理由があると思いますが、

高卒で就職できる企業もあるし、公務員になることもできます。

また、飲食やアパレルなどの接客業では、

フリーターから正社員になるケースも多くあります。

美容や調理の専門学校に通う人もいますし、

スポーツや楽器、演技など、何かの才能が秀でており、その道一本で進む人もいます。

 

このように、大学進学は数ある選択肢のなかの一つなのです。

大学に進学することは、どの大学を志望するかと同じように、

みなさん一人ひとりの選択の結果です。

 

受験勉強をしていく中で、

なんでこんなに大変な思いをしなきゃいけないの…もうやりたくない!

と思う事もあるかもしれません。

しかし、それは自分で決めたことであり、

本当にやりたくなかったらやらなくていいと私は思います。

 

 

 

このように考えていくと、

「それなら大学受験は辞めてフリーターになろうかな」

と言い出す人もいるかもしれません。

 

しかし私は、大学に進学して本当に良かったと思っています。

それは、大学に入ったことで様々な人や知識と出会うことができたからです。

自分とは全く異なるバックグラウンドの人と話したり新たな知識を学んだりする中で、

異なる価値観や新しい視点を知り、高校時代と比べて格段に世界が広がりました。

その中で、自分が今後の人生でやりたいことも徐々に分かってきました。

 

様々な選択肢がある中で大学に進学する意義は、

「本当にやりたいことを見つけるため」

「自分の生き方を模索するため」

だと私は思います。

 

 

生き方は人それぞれ。

でも、自分の本当にやりたいことを見つけるため

自分の中に潜んでいる可能性を発見するために、

大学に進学するのは一番の選択だと思います。

 

そしてもし、みなさんが大学進学を選ぶのなら、

自分自身のその選択に責任を持ち、

合格に向けて思う存分に努力してほしいと思っています!

 

 

2020年 1月 3日 迷走する受験生よ、足元は見えているかい?(会津)

センター試験対策の本当の目的は、

「センター本番でいい点数を取るため」….

だけじゃない!

【内容】

・センター試験対策の重要性について

・勉強をする上で大切な、3つの要素

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

あけましておめでとうございます!

担任助手、明治経営1年の会津です。

ついに2020年を迎え、世間はオリンピックイヤーで大盛り上がりですが、

受験生のみなさんは今頃、大盛り下がりといったところでしょうか

 

この時期になると、みんな迷走し始めます。

新しい参考書を買ったり、新しい勉強法に手を出してしまったり、

先生に何回も質問・相談をしにいったり……

 

色々な人はいますが、

とにかくやればいいんだ!と、明確な目的を持たずに

“脳死状態”で勉強をしている人は、正直にいうと、

ダメです!

特に、

「センター利用は狙ってないから別にセンター対策しなくていいや」

と思っている人、特に私文志望のそこのあなた!

その考え、危険です!

 

・センター試験対策の重要性について

志望校の二次対策で伸び悩んでいるなら尚更

センター試験対策をしてください!

なぜかというと、

一見、センターと二次は関わりあわない別物に見えますが、

じつは、

二次試験を解く力)=

センター試験を解く力

+(傾向把握&対策力)

なのです!

つまり、

センター対策をすることが、その人の学力の基礎固めになり

結果、二次対策をする上でのベースの力になります。

ですので、ぜひセンター試験・センター対策を軽視しないでください

(二次対策)ばかり見ていると、落とし穴(基礎力不足)に

落ちますよ?

 

ただ、

これを見たからといって、がむしゃらにセンター対策をすることは

絶対にしないでください!

 

・勉強をする上で大切な、3つの要素

なぜかというと、

背景目的ゴールを明確にせずに行動することほど

ムダなことはないからです!

つまり、勉強をする上で大切なたった”3つ”の要素は、

背景」と「目的」と「ゴール」です。

【どんな背景(課題)があり、

どういう目的をもって行動をするのか。

その結果、どうなることを目指すのか】

を考えないと、すべての行動はムダに終わります。

ですので、

・なぜその問題集を今、解くのか

・その問題を解く裏には、どんな自分の欠点があるのか

・その問題を解いて、どうなりたいのか?

を一行でいいので、書いてから演習を積んでいくと、

今からでも合格点にぐんぐん近づいていくと思います。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「急がば回れ」を”受験”に落とし込むと、

「二次の点数を上げたければ、センター対策をしろ」

となると僕は思います。

ですので、焦っているときこそ

しっかりセンター対策基礎固めをしてみてください

 

センターまでラスト数週間、

最後までしっかり目的をもって、

効率よくクレバーに、頑張って下さい!

 

2019年 12月 27日 【受験生・1,2年生へ】この冬をどう過ごしますか?(早川)

こんにちは!長野校担任助手の早川です!

今年の冬は例年より暖かいのではないでしょうか。

雪もあまり降っていないのでまだまだ自転車に乗れますね🚲(スリップには気を付けて。)

昨年の冬は真夏のフィリピンで過ごしたので、長野の冬は例年、今以上に寒いかと思うと恐ろしいです…。

フィリピン・セブ島のショッピングモールには大きなクリスマスツリーがあります!

 

さて、今回は受験生のみなさんと1,2年生のみなさんにそれぞれこの冬の過ごし方についてメッセージを送りたいと思います!

まずは、受験生!

センター試験も1カ月を切り、期待・不安・緊張などいろいろな気持ちで毎日を過ごしていると思います。

勝負の冬ですね!

私がみなさんに言いたいことは1つ。早めに受験用の生活のリズムを作ること。

何時に起きて、ご飯を食べて、勉強して、何時に寝る。

“試験が何時に始まるから、何時までに会場に行かなくてはならない、そのために何時には起きて朝ご飯を食べる”とか、

“試験時間に合わせてお昼の量・時間を変えない”とか。

普段の生活から受験用の生活のリズムに変えていってほしいと思います。

受験期間はそのスケジュールでなるべく過ごすようにしましょう!

当たり前のことのようで割と重要ですよ☝

 

次に、1,2年生!

この冬休みをどう過ごすか、についてお話します⛄

この冬休みは東進で新学年になってからの初めての長期休みとなります。

現1年生は2年生、現2年生は3年生(つまり受験生)という意識を持って過ごしてほしいです。

具体的に何をするのか。(高校生だった私が当時やっておけばよかったなぁと後悔していることです💦)

新2年生:1年生の時に学んだこと・できるようになったところを復習し、ニガテな部分を補強して、どんどん先取りすること。

基礎基本を完璧にすること。(高速基礎マスター講座や授業を活用して)

新3年生(受験生):3月までに少なくとも国・数・英の完成度を自分の理想に近づけること。国・数・英の弱点を今のうちの補強しておくこと。

新学年のスタートダッシュを早く切っているみなさんだからこそ、学校の冬休みの課題をやるだけで終わりにしてはもったいない。

課題+αでさらにリードしよう!

課題しかやっていない子、もしくは課題すらやっていない子との差をここで一気につけるチャンス!

早めのスタートダッシュが志望校合格のカギを握っていると思います。

東進ハイスクール長野校は年末年始も開館しているので、ぜひ毎日登校をして校舎で勉強してくださいね。

 

ちなみに私は、この冬は年明けすぐにTOEICがあるのでその勉強と、

なるべく校舎に来てみなさんの元気な顔を見て過ごそうと思っています(笑)

私もやりたいこと・やるべきことがたくさんあるので、ゆっくりしてられません!

それでは、今回はこのへんで。良いお年を。

 

 

 

2019年 12月 23日 【受験生】時間の使い方(中林)

 

こんにちは!担任助手の中林です!

最近は、とても寒くなってきましたね!

毎朝冷え切っていて、大学へバイクで通うのがつらいです。(笑)

みなさんは、路面の凍結など十分注意して登校してください!

 

センター試験まで遂に残り1か月をきりました!

今日は残りの時間に対する考え方、使い方についてお話していきたいと思います。

 

センターまであと26日!

国立志望であれば、センターは多くが7科目受験

私立志望であれば、センターは基本3科目受験

 

残り日数/科目数=センターまでに1科目にかけられる日数

国立志望の方なら、1科目あたり3日と少し

私立志望の方なら、1科目あたり8日と少し

このように考えてみると、残りの時間はとても少なく感じませんか?

残りの時間を考えて、これからの時間を1分1秒を大切にし、

みなさんには、センター本番を迎えていただきたいです!

 

本日は以上です!

受験生のみなさん頑張ってください!

 

 

2019年 12月 19日 【受験生】試験1ヶ月前の不安を和らげるには…?(土岐)

こんにちは!

東進ハイスクール長野校担任助手の土岐です!

寒くなると無駄に白い息を出したくなってしまうの、冬の時期のあるあるですよね(笑)

さてさて、センター入試まであとちょうど1カ月ですね。

長野校の生徒と話していると、本番の日が来るのが不安だという声が多く聞こえてきます。

そこで今回のブログでは、本番直前の今の時期だからこそ感じる不安な気持ちを、少しでも和らげる方法について書いていきたいなと思います!

 

 

①人と話す!

ずーっと机に向かって1人で勉強していると、いろいろな考えが頭の中をぐるぐるして余計悩んでしまうので良くないです!

そんなときは周りの人に思い切って不安なことを話してみてください

家族でも先生でも、もちろん長野校のスタッフでも😊(いつでも聞きますよ!)

解決策が出てくるかもしれないし、そうでなくても気持ちが少し楽になるはず!

(私自身も受験生の頃、周りの人にめっちゃ話して気持ちを切り替えていました!)

 

②リラックスする時間を作る!

直前期は焦りもあっていつも以上に頑張ってしまうと思います。

でも、ずっと頑張り続けるとパンクする可能性も…。

だから、少しだけリラックスできる時間を取るようにしましょう◎

好きな音楽を聴くとか、お風呂にいつもよりもゆっくり入るとか、スタバでちょっと贅沢するとか(笑)

とにかく自分の気分が上がるものなら何でも!

気分転換は大事!で!(私は受験期に勉強で頭が疲れたときは、愛犬とめっちゃ遊んでいました🐶)

 

 

ぜひこれらの方法を試してみて、

あと少し、一緒に頑張りましょう!!

それではまた!✋