ブログ | 東進ハイスクール長野校|長野県

ブログ 

2019年 5月 20日 5月こそ頑張る時期!(古谷)


皆さん、こんにちは、長野校担任助手2年 古谷です!

皆さん、勉強がんばってますか? 5月に入ってペースが落ち始めてしまった…なんて人も多いかと思います。

5月病ですね。

 

やらなきゃいけないのはわかってる、でもどうしても体が動きませんよね笑

 

今回のテーマはそんな5月病を乗り越える意味についてです。

 

私は、5月病というものはどんなに順調なスタートダッシュをしていても、ふとした瞬間になってしまうし、ちょっとした壁にぶつかるだけで簡単になってしまうものなのかなと思っています。

つまり、誰しも5月病は経験するものってことです。

 

何が言いたいかというと、「この5月病をどれだけ早く乗り越えるかが、受験の結果を大きく左右する」ということです!

 

なぜなら、“受験の天王山”なんて言われてる夏の時期には、受験生は全員死に物狂いで頑張るからです。

私の経験上、一日中勉強ができる夏休みも、受験期はあっという間に感じました。夏から本気になったのでは、間に合いません!

だからこそ、夏が始まる前の5、6月に勉強をしておくことが重要なんです!

 

皆さんも速攻で5月病を乗り越えましょう!!

 

具体的な対処方については、5月18日の奥山君ブログをチェックしてみてください!

 

それでは!!

 

2019年 5月 19日 模試の思い出(栁澤)

みなさんこんにちは!長野校担任助手の栁澤です。

昨日の奥山君のブログでも言っていましたが、

5月というのにとにかく暑い!!

半袖でも生活できるくらい気温が上がってきました。

熱中症にもそろそろ気をつけましょう!

水分補給大切です👍

さて、今日のブログのテーマですが、

「模試の思い出」ということで

僕自身が実際に模試で焦った体験談を

皆さんにお伝えしようかなと思います(-_-;)

反面教師にしてくださいね。

僕がまだ、高校3年生の頃、

センター模試を受験していた時

数学ⅠAの問題を解いていたのですが、いつの間にか

問題と解答用紙がずれるなと思いました。

よく問題を見てみると数学ⅠAではなく

数学Ⅰでした😢

急いでやり直しましたが、全部は解けませんでした。

本番の試験じゃなくて本当に良かったです(笑)

みなさんもこういった経験ありませんか??

せっかく受ける模試をこんなミスで、

台無しにしたくないですよね。

見直しはもちろん大切ですが、受ける前にも、

問題が自分の受ける問題とあっているかどうか

しっかりと確認してから受けましょうね!!

6月9日には全国統一高校生テストがあります

ケアレスミスはしないように、模試がんばってください!!

2019年 5月 18日 五月病に悩まされる皆様へ(奥山)

皆さんこんんちは。信州大機械工学科の奥山です。

5月も中旬を過ぎ,暖かくなってきましたね!

5月病になっている方,いるんじゃないでしょうか?

僕もずいぶん悩まされた5月病ですが,

なぜ,5月病が起こるのかを知っていますか??

以下のような説があります,,,

 

①新年度4月,今年こそはと,新たに目標を設定します。

②4月中は張り切って頑張ります。

③花粉症にも負けず,4月を乗り切ります。

④ところが5月になると,どうも進捗状況が悪いことに気が付きます。

自己嫌悪,,,,,,

 

といった仕組みらしいです。

よって五月病は,怠惰というわけではなく,

4月に志を高く持っていたということなのです。(自信をもって!!)

ですから,ここで,もう一度計画を修正したり,自分のマインドを分析したりする機会を設けてみてください。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

,,とはいっても多忙で頑張りたい方へ

おススメの対処法3選

コーヒーなどカフェインの入った飲み物を飲む

 カフェインの摂り過ぎには注意しましょう。

 夜は眠れなくなるので,控えたほうがよいかも。

その場でスクワット

 これは,場所を選びますねえ,,しかし血行が良くなり,脳に酸素が行くそうです。

熱めのシャワーを浴びる

 交感神経が優位になり目覚めるらしいです。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

”春眠暁を覚えず”じゃないですが,あっという間に春は過ぎてしまいます。

気が付いたら夏になっています。(汗)

できる方は涼しい朝に作業してみたりしてください。

皆さんを応援しています。

               奥山現己

                          

 

 

 

 

 

 

2019年 5月 17日 全国統一高校生テストについて(杉野)

こんにちは!

長野校担任助手の杉野です。

 

今日のブログのテーマは6/9(日)にある全国統一高校生テスト」についてです。

この模試がみなさんにとってどんなメリットがあるのかについて書いていくので、参加を迷っているという人はぜひ参考にしてください。

 

さてどんなメリットがあるのか考えていくと、、、

一つ目としては、成績が出るのが早いという点だと思います。

模試が終わってから3日でWebでの成績開示、5日で診断レポートが発行されます!

みなさん学校で受けた模試においてこんな経験ありませんか?

「模試の1,2カ月後に成績が返ってきた」「成績もらっても受けた頃の記憶が全くない…」

成績が出てから模試の復習をしようとしても、間が空きすぎてどこを間違えたのか記憶になくて困っちゃいますよね。

しかし、全国統一高校生テストなら3日後には復習がスタートできます!

3日後なら記憶もはっきりしているはずなので、復習もはかどるでしょう。

 

さて、二つ目としては部門が学年別に分けられている点です。

多くの模試は全学年で模試を受け、成績を全学年合同でつけます。

3年生はあまり気にしないと思うのですが、1、2年生は全学年での順位を出されても自分が同学年の中でどのレベルにいるのかわかりませんよね。

全国統一高校生テストでは①受験学年部門、②高2生部門、③高1生部門の3つに分けられています。

それぞれが学年に応じた問題となっているので、適切な難易度で自分が同世代と比べてどの程度の場所にいるのか確認したい人にはとてもオススメです!

 

そして最後のメリットとして、無料な点です。

他の模試は受験料がかかってしまうけど、今回の全国統一高校生テストは受験料が無料になります!

少しでもやってみようかなと考えている人はぜひ応募してください!

みんなの応募お待ちしています!

2019年 5月 15日 大学で何を学ぶか(栁澤)

みなさん、お久しぶりです。

東進ハイスクール長野校担任助手の栁澤です

今回のブログのテーマは「大学で何を学ぶか」です!

色々な担任助手の方々がこのテーマについて書いてくれているので

自分自身が大学で何を学んでいるのかということを

中心に書いていこうと思います。参考までに読んでね(笑)

 

僕は今、信州大学教育学部3年です。僕は社会科教育コースという学科に所属しています。

なので、将来は教師になるために大学に行っている、というのが一番かなと思います。

理由は簡単です、教育学部を卒業しないと教員免許状が発行されないからです(笑)

それを受け取り、教員採用試験に合格することで、

やっと教師になれるのです。

大学はやはり、自分の将来のため、というのが一番大きいと僕は考えます。

自分の将来の夢への第一歩として、

大学に進学してみてはどうでしょうか??

 

また、少し話の論点は変わりますが、

色々な経験ができる新しい出会いがあるというのが大学でもあると思います。

僕は現在法人ボランティアとして活動をしていて、

子どもたちと一緒にキャンプをしたり、

子どもキャンプを実際に企画、運営したりしています。

ちょっと待て、法人ボランティアってなんぞやとなった人は。。。

ググってみましょう(笑)

子どもたちにとって、どんな学びがそこにあるのか、

子どもたちがこの活動を通じて何を得ることができるのかなどを考えています。

正直僕自身大学に入ってこんなことをするとは考えてもいなかったので、

そんな出会いもあるのが大学かなと思います。

大学でであったもの、興味がわいたものから

自分から進んで学んでいけばよいと、自分の経験上感じたので

あくまで一意見として、参考にしてみてください!

それではまた明日!