ブログ | 東進ハイスクール長野校|長野県

ブログ 

2020年 10月 12日 目標は早めに!(松沢)

こんにちは!担任助手の松沢です。

最近急に寒くなったと思ったら、いきなり温かくなったりと、温度調節が難しいですね…。

油断すると体調を崩しやすい時期です。

規則正しい生活や、バランスのいい食事を心がけて体調を崩さないように気を付けましょう!!

 

さて、1・2年生のみなさん!

志望校について考えてますか??

担任助手との二者面談が続々と行われている中、志望校について聞かれた人も多いと思います。

なぜ志望校を聞くのか。

それはこれからの学習の道筋を分かりやすくするためです

学校の先生や親に「勉強しなさい」といわれるから仕方なく勉強するのと、

自分で決めた目標に向かって、自分のために勉強するのとでは、

同じ勉強でも、特にやる気が変わってきます!

その目標の一つが「志望校」です。

目標が決まることで、次に何をするべきか、今の自分には何が足りないのか

目標達成のための道筋が見えてきます。

 

今回の二者面談をきっかけとして、志望校について考えてみて欲しいです。

自分のために勉強を頑張ってください!

 

 

2020年 9月 21日 併願校考えてますか??(栁澤)

みなさんこんにちは、東進ハイスクール長野校の栁澤です!

だんだん涼しくなってきました、体調を崩しやすい時期だと思うので、

体調管理しっかりとしましょう!

 

さて、今日は併願校について話したいと思います。

併願校調べのポイントは9/13の投稿を見てください!!

 

今回は併願校を決める必要性をメインに話します。

第一志望校はもちろん大切です。

もちろん東進としても第一志望校合格に向けて全力でサポートします!!

ただ中には、絶対に浪人はできない、

第一志望校もいいけどこっちワンランク下の大学もいいなあ、

なんて考えている人も少なからずいるのではないでしょうか?

またあまり考えたくはないかもしれませんが、共通テストの結果が思うようにいかなかった場合もあるのも現実です、、、

そんなときに出願日近くなって大学を探すより、今のうちから考えておく必要があると思います。

以下のようなメリットをまとめてみました。

①模試の志望校に書くことで、いわゆるすべり止めの大学になるのかどうかがわかること

②ゆとりをもって大学について調べることができること。

③合格という経験を得ることができること。

 

①についてはそのままです。今から決めておけば、模試の判定が出るので、出願の際の目安にもなります。

②については出願日近くになって慌てて探すのは得策とは言えません。勉強もしなきゃいけないし、出願準備もしなきゃいけないなど意外と忙しくなるからです。

また、大学によっては家から遠く、前泊しなくてはならないところもあります。すると、ホテルなどの予約も必要になります。

だからこそ早めの準備が必要なのです。

③については滑り止めの大学でも受かれば少なからず嬉しいはずです。

また、私立大学に関しては、受験の数に制限はないので、志望校と同じレベルの大学を受けることもできます。

合格の可能性が広がり、第一志望を受けるときに、受かっているところがあるだけで心の余裕につながると思います!

 

長くなりましたが、まだ併願校を探していないあなた!勉強の合間に少し調べてみることをオススメします!!

2020年 9月 13日 併願校を調べよう!(河合)

こんにちは!担任助手の河合です。9月に突入してもまだまだ夏な感じがしますね!

 

校舎では二次の過去問や単元ジャンル別演習に取り組んでいる受験生の姿が目立ちます。

全員第一志望に合格して欲しいのはもちろんなんですが、今の時期からは併願校についても考え始めてほしいです!

 

 

併願校を調べる際に重要なことは二つです!

① 難易度を散らすこと

② 第一志望受験への負担にならない科目を選択すること

 

①については今の実力相当の大学とは別に1~2ランク下げた安全圏の大学も受験したほうがいいということです!

②については併願校への対策だけのために第一志望校では使用しない科目を勉強するといったことはなるべく避けたほうが良いです!

 

1日の勉強が終わったあとやリフレッシュしたいときに上記のことを意識して併願する大学についても調べてみましょう!!

アントニオ猪木さんは「戦う前に負けること考える馬鹿がいるかよ」と言っています。

しかしここはリスク管理として必要なことです!調べましょう!!

 

2020年 8月 27日 公開授業がありました!(田村)

先日、英語講師の渡辺勝彦先生の公開授業がありました!

生の渡辺先生はパソコンの画面で見るより、何倍も熱く感じました!!

東進生も一般生も一緒になって先生の講義を真剣になって聞いており、「長野の生徒は熱心に話を聞いてくれる!」と渡辺先生が授業後に褒めてくださいました。

 

image

 

「戦って負けるならそれは結構!!逃げて負けたら明日はない!!」

僕が1番好きな渡辺先生の言葉です。精一杯頑張ったなら、その努力はいつか実を結びます。

受験生のみなさん 最後まで一緒に戦いましょう!

 

 

渡辺先生の熱いメッセージは東進に飾ってありますので、ぜひご覧になってください。

 

 

 

2020年 8月 25日 単元ジャンル別演習を活用しよう!

みなさんこんにちは

 

担任助手の向林です。

夏休みも終わり、共通テストまであと140日ほどです。

9月から受験生で過去問が5年分終わった方は単元ジャンル演習に入ります。

 

単元ジャンル演習って何だっけ…?

そんな方もいると思うので、今回は単元ジャンル演習についてご紹介します。

 

単元ジャンル演習とは、名前の通りその科目の「単元」や「ジャンル」別に問題を集めてあるいわば問題集のようなものです。

ただ単元ごとにまとめられているのではなく、過去問演習模試の結果からAIが自分の弱点強み分析し優先して勉強すべき単元を提案してくれます。

9月から過去問演習と並行してAIが提案してくれた単元を集中的に学習することで自分の弱点をより効率的に埋めることが出来ます。

更に、単元ジャンル別演習の問題は全て二次試験私大入試センター試験の過去問から作られています。

そのため、自分の弱点を埋めつつ併願校対策にも使えるのです!

 

私は単元ジャンル別演習で世界史の苦手な時代を集中的に学習することで効率的に弱点を埋められました。

それと同時に併願校の問題を知り、演習できるのってとてもお得じゃないですか?

単元ジャンル別演習を活用し、過去問を分析して志望校合格を掴み取りましょう!

 

担任助手 向林