ブログ | 東進ハイスクール長野校|長野県

ブログ 

2019年 9月 17日 将来の夢(品川)

 

 

みなさん、こんにちは!

担任助手の品川です
 
今回は私の「将来の夢」について
語りたいと思います!
 
私は現在、信州大学の建築学科に属しています。
 
「建築」と聞くと
建物を「設計する」または「建てる」ことを想像するかもしれませんが
私が興味を持ったのは建物を「保存」することです。
 
日本には様々な歴史的に価値のある建造物が存在します
世界で最古の木造建築物「法隆寺」
多雪地域で暮らすための知恵が詰まった「白川郷」
私たちに戦争の痛ましさを伝える「原爆ドーム」などなど
 
これらの建物は時が経てば雨風にさらされ崩壊します。
 
しかし、それではいけません。
 
建築物が無くなるということは、その時代を生きた人々の歴史
無くなってしまうということです。
 
私は現在、昔の建物の構造様式やそこで過ごした人々の生活を学び
様々な建築物を理解するために勉強中です。
 
今も劣化により崩壊へと向かう建築物をひとつでも多く守り
後世へと残せる建築家になりたいです!
 

2019年 9月 13日 将来の夢(田村)

こんにちは、田村です

東進HS長野校担任助手の田村です

さて、前回の古谷さんに続きまして、今回は僕の将来の夢について書こうと思ます。

 

僕の将来の夢、それは「学校の先生」です。

いや、古谷さんと一緒じゃん。と皆さんお思いになったでしょう。

 

僕も思いました。

 

それでも、ブログの内容としては異なるので、読んでいただければ幸いです。

 

なぜ、僕は先生になりたいのか。

そもそも僕には深く誰かに関わることができる事をしたいという思いがあります。

どこかにいる誰か、というよりは、目の前にいる誰かに深く関わり役立ちたいという思いです。

そして、僕は昔から年下の子の面倒を見るのが好きでした。

 

教師とは、子どもの家庭とは別で、その子の成長に大きく影響を与える仕事です。

教師の行動や、言葉は子どもたちの頭や心に記録され、その子のその後の人生を大きく左右するといっても過言ではありません。

誰かの人生にこれだけ深く関われる仕事はないと思います。

僕が教師になりたい大きな理由はそこにあります。

 

同じような夢でも、志や中身は人によって全く異なります。

ただ、そこに真偽はありません。

志は存在する事に意味があります。

みなさんの志はどんなものですか?

 

それでは。

 

2019年 9月 9日 将来の夢!!(河合)

こんにちは!担任助手の河合です!

 

夏が速攻で終わりました。

高校生の皆さんはもう学校がはじまってしまいましたね。悔しいですね。僕たち大学生はあと1か月弱夏休みが続きます。幸せです。

 

さて、今日は自分の将来の夢について書かせて頂きます!!

 

僕の将来の夢は、消防士です。

将来の夢と言っても来年の5月にはもう採用試験が始まるので夢とかそういう次元の話じゃないです。

夢という言葉にはどこか甘えがある気して僕は苦手です。どこの壁だったか覚えていないのですが、どこかの学習塾の壁に「夢は目指したときから目標に変わる」と書いてありました。それからずっとその言葉に納得し続けています。

 

そんな自分ですがどうして消防士になりたいのか。答えはとてもシンプルでかっこいいからです。

 

消防士になりたいならどうして工学部なのか、ここ2年くらい死ぬほど聞かれます。自分もここ2年それに対する良い感じの回答を探していて、最近それが見つかりました。工学を勉強したいという気持ちと消防士になりたいという気持ちは別のもので、この2つは自分の中では独立しています。

 

全ての行動に一貫性を持たせてしまうと退屈な感じになりそうであれです!材を取るところなし的な!

 

とにかく今は自分が勉強したいと感じるものを片っ端から学んでいきます!すぐに役立つものだけを勉強するのも結構ですが、すぐに役立つものはすぐに役に立たなくなります。打算的な勉強ではなく、なんというか本能的な勉強を意識したいです。

 

どんな職業に就いても心持次第でこれまで学んできたものは活かせると僕は思っています。そのため好奇心の赴くままに学んでいる現在の自分が、今後消防という世界の中でどのように伏線を回収するのか楽しみです!!

自分の人生なので「将来はこうやって決めないといけない!」みたいなことはないです!こういう選び方もありだぞという意味でこのブログを書きました!

 

ただ、自由に選択していくにはある程度の実力がないとやっていけないのでどんどん勉強してどんどん受講して向上得点上げていきましょう!

 

体験授業やってます!9月22日に難関大・有名大模試、10月27日に全国統一高校生テストやります!!

 

 

 

 

 

2019年 9月 7日 将来の夢(古谷)

こんにちは!長野校担任助手古谷です!

今回は、私が将来の夢をどのように決めていったかについて話していきたいと思います。

正直、将来夢や目標の決まり方は人それぞれです。ですが、私の場合を見て、少しでも参考にしてもらえたらいいなと思います!

最初に、私の将来の夢は、ずばり学校の先生です。

この夢は、自分が中学生の頃からやんわりと思っていたことでもありました。

また、高校生になって、その気持ちが高まっていったので、大学では教育学部に入学しました。

そして、私の所属しているコースは特別支援教育コースです。

これは、障害とはなにか、子どもたちのニーズに沿った教育の仕方にはどんなものがあるのかを主に学んでいきます。

私がこのコースを専攻したのにも理由があります。

私が小学校から中学校までの9年もやっていた習い事の仲間に、障害を持っている子たちがいました。

私は、その仲間と一緒に練習している間に、その子の練習に対する熱意や真面目さを知りました。

何よりめちゃくちゃ仲良くなりました!

それから、「特別支援」という言葉を聞いたとき、やってみたいと興味を持つようになったんです。

 

これで、私の夢紹介は終了です。

みなさんに伝えたいことは、自分のなかで、何かやっていることがあったら、そこでの出来事が夢に影響してきたり

考えるもとになったりしてくるということです。

みなさんも、将来の夢を考えるとき、自分のやってきたことやそこでの思い出を思い返してみるといいかもしれませんね!

それではまた!!

 

 

 

 

 

 

2019年 9月 5日 将来の夢(中林)

こんにちは、担任助手の中林です。

最近は、雨が多く、天気が良くない日々が続きますね

急な雨などにも気をつけ、体調管理はしっかりしましょう!

 

さて、今回は「将来の夢」についてお話を進めていきたいと思います。

 

僕の将来の夢は、より安全なモビリティの開発に貢献し、交通事故のない社会に貢献したいと言うのが、現在の目標です!

 

なぜ僕がこの夢を目指すようになったか?というと

もちろん、僕は自動車、バイクが好きだから。

↓僕が乗っているCBR250Rというバイクです↓

しかし、自分がただ好きだから

この夢を目指した訳ではありません。

 

僕の祖父はバイクによる事故で亡くなっている過去があります。

そのため、僕は免許を取る際に母親に強く止められ、

その出来事によって、僕はより安全なモビリティを作ることで、

誰もが安心できる交通社会にしたいと思うようになりました!

 

そのため、現在大学では奥山くんと同じ信州大学機械システム工学科で

(運転支援機能に多く用いられている)カメラセンサーを使った制御の研究を行っています。

以上が僕の将来の夢紹介になります!

 

高1,2生の皆さんは是非この秋に

改めて自分がなぜその大学を目指しているのだろうか

また、大学で何を学びたいのか

将来の夢を再確認する時期にしていただきたいです!

             

     
                   

        

        

        

最新記事一覧

過去の記事