~浪人が頭をよぎったら~(経験者が思うこと) | 東進ハイスクール長野校|長野県

ブログ

2020年 3月 1日 ~浪人が頭をよぎったら~(経験者が思うこと)

受験生の皆さん、受験真只中と思います。

くれぐれも、体調管理をして下さい。(人混みを避けて下さいね)

 

国立大学志望の人は、合格発表待ちで、ソワソワしてしまうと思います。

手応えが思わしくないと、ふと、「浪人」という選択が浮かんでしまうかもしれません。今回は、少しでもそのような気持ちが起こった人に読んでいただきたいです。

浪人を経験した私が、あくまで一個人の意見として書きますので、最後は自分で決めて下さい。

 

浪人した私が思うメリットとデメリットは、以下のとおりです。

 

浪人のメリット

第一志望校に合格できるかもしれない。

勉強する習慣が身につく。

(私のように、それまで勉強していなかった人に限る)

 

浪人のデメリット

一年間という時間を確実に使う

お金がかかる

 

まず、浪人をしたら、第一志望校に受かるかというと、残念ながら、必ずしも受かりません。

大学に入って感じたのは、現役であれ浪人であれ、一生懸命に勉強する人はいます。

 

どこの環境であっても、一生懸命に何かに取り組むことが重要なので、現役第一志望に入れなかったとしても、そこで頑張れれば素晴らしいです。今の時期は、ぜひ、次の試験に向けて、全知全能を傾けてほしいと思います。どのような結果になっても、努力は無駄にはなりません。

 

どうか諦めず走り抜いて下さい!                 担任助手奥山現己