過去問演習って本当に大切!(早川) | 東進ハイスクール 長野校 大学受験の予備校・塾|長野県 東進ハイスクール長野校|長野県

ブログ

2021年 10月 25日 過去問演習って本当に大切!(早川)

こんにちは!

長野校の早川です。

10月の頭は暖かくて半袖で生活をしていましたが、今では寒くなり朝は毛布を放せません…(笑)

気温差により体調を崩しやすいので、しっかり体を温めて毎食ご飯をしっかり食べてください!

 

さてさて、受験生のみなさんは現在過去問演習に勤しんでいることでしょう。

私は先日大学院の試験を終え、一段落しているところです。

大学院の試験を終えて、今思っていることは「過去問演習って本当に大切!」ということです。

私も大学院の試験に向けて、過去問を各志望校ごと最低3年分は実施しました。

実施後は復習を必ず行いました。

復習の内容としては、

なぜ間違えてしまったのかの分析やよく出る問題を把握し、関連の問題や用語を覚えるようにすることなどがあります。

過去問を何度も演習したことや形式や傾向をきちんと把握し慣れておくことで、

私は試験本番も緊張せずに落ち着いて問題を解くことができました。

大学受験の際に過去問演習することの大切さを学んでいたからこそ、

大学院の試験でも同じようにできたのだと思っています。

今、「過去問演習をして、復習をして」の繰り返しで疲れているかもしれませんが、

今頑張って過去問を演習すれば必ず良い結果がついてくると思います。

不安で押しつぶされそうなときはスタッフに気軽に相談してくださいね。

受験生のみなさん、

本番まで、

継続して頑張っていきましょう!