過去問の重要性(三浦) | 東進ハイスクール長野校|長野県

ブログ

2020年 8月 22日 過去問の重要性(三浦)

こんにちは!担任助手の三浦です。

夏休みももうすぐ終わりで、来週から学校が再開するところも多いと思います。

みなさんは過去問を夏休み中にどのくらい進められたでしょうか?8月中に最低5年分は終わらせましょうとたくさん言われてきたかと思いますが、終わりましたか?

では、“なぜこの時期に過去問をやることが重要なのか”ということをテーマに話していこうと思います。

一つ目は、相手を知るということです。

出題傾向や難易度、時間配分を知っておけば、これからの勉強を効率よく進めることが出来ます。

二つ目は、自分を知るということです。

目標点数と今の自分の点数とのギャップを知っておきましょう。そこから、今自分に何が足りないのかやどの分野を苦手にしているかなどを分析できれば、この先の勉強の見通しがたてられると思います。

三つ目は、9月から単元ジャンル演習が始まります。

これはみなさんの過去問演習の結果を分析し、皆さんにとって最適な問題が提案され演習できるシステムです。これを始められるように、最低5年分は8月中に終わらせましょう!

8月も終盤ですが、まだまだ過去問演習できると思います。目標は10年分制覇です。ラストスパート頑張りましょう!