英語を早くやる意味とは!(土岐) | 東進ハイスクール長野校|長野県

ブログ

2019年 2月 17日 英語を早くやる意味とは!(土岐)

こんにちは!

東進ハイスクール長野校担任助手の土岐です。

 

受験生の方は今まさに一般入試の最中だと思います。

最後まで自分を信じて頑張ってください!

 

さて、今回のブログのテーマは、「英語を早期完成させることのメリット」です。

東進に通っている生徒の皆さんは、よく担任助手の先生たちから「高速基礎マスターやった?」と毎日のように言われているはずです。

どうして私たちが英語を早いうちに完成させることが大事と考えるのかについて今回のブログでは書いていきたいと思います。

 

英語を早期完成させることには、いくつかのメリットがあります。

まず1つ目は、知識を定着させられること!

単語や熟語、構文など、入試問題を解くうえでこれらは必要不可欠です。

早いうちから何度も何度も繰り返し学習することで、知識を頭にこびりつかせることが出来ます😊

繰り返し学習によって、問題を解くときにスラスラと重要な知識が出てくるようになるんです!

 

そして2つ目のメリットは、問題演習に多くの時間を割けることです!

入試英語に挑むうえで、ただ知識を詰め込んだだけでは、問題を解くときにそれらは特に意味を成しません。

問題演習をたくさんすることで、ただの知識が、問題を解く“力”に変わります。

つまり、英語の学習を始めるのが早ければ早いほど、他の人よりも多くの問題に触れ、英語の問題に慣れることができるのです。

 

 

早いうちに英語の知識をつけ、問題を解く力をつけておくことで、周りに確実に差をつけられます!

英語は、国立私立理系文系問わず、すべての受験生の皆さんが受けることになる教科です。

また、配点も高いので、高得点を目指すほかありません!

 

 

皆さんも、高速基礎マスター講座や、受講を通して、英語を早期完成させ、ライバルたちに差をつけましょう!

 

 


 

東進ハイスクール長野校では、新年度特別招待講習をやっています!

1年後、2年後、確実に合格をつかみ取るために、

この機会に頑張ってライバルに差をつけましょう!!

 

———————————————————-――———————————————————-

 

そして!来たる3月4日!!

東進ハイスクール長野校で公開授業があります!

今回の講師は・・・板野先生!

板野先生は、受験生のバイブルともいえる「ゴロゴ」シリーズの生みの親!

現代文・古文・漢文を、効率よく理解しやすく勉強する方法を教えてくれます!

 

たくさんの生徒さんに応募いただいたので、なんと参加枠が残り40名です!

 

今回の公開授業では、現代文の授業をしてくださるのでお楽しみに!