苦手を克服する重要性(長谷川) | 東進ハイスクール長野校|長野県

ブログ

2020年 7月 21日 苦手を克服する重要性(長谷川)

 

こんにちは!

担任助手の長谷川です。

最近ではまた例のウイルスが流行っているようなのでマスクの着用等お願いします!

 

今日はタイトルにもありますが苦手を克服する重要性について話していこうと思います。

 

メリット①

本番を見据え得点のブレを少なくする

得意な単元と苦手な単元で得点差があると志望校選びにも苦労するかなと思います。

実際に共通テストや個別試験でどの単元が出されるか完璧に予測することはできません。

得意分野が難しく苦手分野が標準もしくは比較的簡単な問題だった場合を想定すると恐ろしいです…

メリット②

楽に点を上げやすい

理由:これはそのままの意味で100点満点のテストで85点から100点に点数を上げるのと50点から65点に点数を上げるのでは校舎の方が圧倒的に簡単です。

いくら得意科目といっても受験では受験科目の総合点での勝負になるので自分にあった対策を立てましょう!

 

苦手を克服することは受験においてとても大きい意味を持ちます。

苦手と言っても種類は様々で苦手の原因によって取るべき手段は違います。

自分でわからなかったときは気軽に校舎の担任助手に聞いてください!

 

最近はほとんどの人が学校の定期テストや模試で忙しかったと思います。

模試や定期テストを見返して苦手を発見し夏にワンランク上の学力を取れるよう頑張りましょう!!