毎日登校の大切さ(向林) | 東進ハイスクール長野校|長野県

ブログ

2020年 5月 25日 毎日登校の大切さ(向林)

こんにちは!担任助手の向林です。

 

長野県では緊急事態宣言が解除されたため

長野校は通常通り10時~9時45分まで開館しています。

校舎ではコロナ対策も行っているので無理のない範囲で登校してくれると嬉しいです(^^)/

 

今回は毎日登校の大切さについてお話しようと思います。

皆さんはコロナが流行する前、毎日登校出来ていましたか?

私は生徒時代、どんなに疲れていても毎日登校をして

閉館まで東進で勉強するように心がけていました。

生徒時代に毎日登校していて感じたメリットは主に3つあります。

 

 

毎日登校することのメリット】

①勉強を習慣化することが出来る

・部活動で疲れて平日はあまり勉強時間が確保出来ない人も

毎日登校することでたとえ校舎に居られる時間が短くても勉強をすることを習慣化できます

 

②長時間集中して勉強する環境が整っている

・校舎には音読室もあり、立って勉強することも出来ます

集中力が切れた時も場所を変えることで気分をリフレッシュして勉強に取り組めます

また、携帯を預けることが出来るので誘惑も断ち切ることが出来ます

 

③努力し続ける仲間がいる

・校舎には毎日登校をする生徒が沢山います。

昨年12月の向上得点マラソンという

全国の東進ハイスクール、東進衛星予備校が校舎ごとに勉強量で競う部門で

長野校は低学年部門で、

なんと!

全国1位 になりました!!

 

去年の1.2年生つまり現2,3年生の意識が他の校舎と比べても高いことがわかります

 

コロナに気を付けつつ、皆さんも今日から毎日登校しませんか?

校舎でお待ちしてます(^^)/

 

向林