数学の松田聡平先生とは?(早川) | 東進ハイスクール長野校|長野県

ブログ

2018年 11月 27日 数学の松田聡平先生とは?(早川)

みなさん、こんにちは!

長野校担任助手の早川です!

いよいよ12月ですね!長野は本格的に雪が降り始めるころではないでしょうか。

日本を出て4か月が経ちました。

こんなに長い間、長野を離れたことが今までないので

長野の寒さと雪がとても恋しいです…

 

さて、今回は東進の数学の松田聡平先生についてお話していこうと思います!

実は私、高校生の時に松田聡平先生の数学の講座を受講していました!

松田先生の授業で印象的だったのは、ぬいぐるみやかわいい絵を描いて説明してくれたことです!

授業の内容は「場合の数・確率」で、当時私のニガテ分野でした。

問題文を読んでもその場合のイメージがつかなかったので自分なりに図を描いて理解しようと何度もトライしていたのですが、何度も途中つまづいてしまい、ニガテ意識が強くなってしまっていたのです。

そこで松田先生の授業を受講してみると、

松田先生の具体例を用いた説明がわかりやすくおもしろく、すぐに理解できるようになりました。

実際に自分で問題を解くときに松田先生に教わったやり方で解いてみると、

自分でも驚くほど問題文を理解し、今まで何につまづいていたのだろうと疑問に思うほど、

「場合の数・確率」の問題を解くのが好きになりました!

その後、数学のテストや演習で「場合の数・確率」の分野は確実に点数を取れるようになりました!

ニガテ意識のあった分野が松田先生のおかげで得意分野になりました!

松田先生の授業を受けていたころから3年が経ちましたが、

とても印象的な授業だったため今でもよく覚えています!

その松田先生がなんと長野校に来ます!!!!

ぜひ一度、松田先生の数学の授業を受けてみてください!

お待ちしております😊