将来の夢について(三浦) | 東進ハイスクール長野校|長野県

ブログ

2020年 6月 2日 将来の夢について(三浦)

こんにちは!長野校担任助手の三浦です!

低学年の生徒の皆さんは今、志作文を通して自分の将来の夢や志を改めて考えていると思います。

今回は僕の将来の夢などを紹介していこうと思います。

志作文を書くにあたって参考になれば幸いです。

今僕は信州大学工学部建築学科に通っています。

僕は伝統的な建築物について興味があり、信州大学にはそういったことが学べるカリキュラムがあったのでここに進学しました。

木造建築には、木造建築にしか出せない味だとか心地の良さなどがあると思います。現在木造以外の様々な建築物が立てられている中、昔から伝わってきた日本の伝統的な建築の良さを

これからも日本に継承していきたいというのが僕の志です。

また、日本の現在の住宅を見てみると、一世代だけしか使われずに取り壊されたり、新しい家庭が新しい家を建てるということが多いように感じます。

そこで、何世代にも渡って引き継がれていったり、何十年間住み続けた後でも後継者が現れるような、何年経っても価値の下がらない家を建てるというのが僕の大きな夢です。

自分の将来の夢を実現させるには様々な課題があります。

まずは、将来の夢の実現に近づけるように今できることをしっかりやっていこうと思っています。

皆さんも将来の夢や志が見つかれば、今やっている勉強の意味が見い出せてくると思います!この機会にぜひ志作文を書いてみてください!