大学で何を学ぶか(栁澤) | 東進ハイスクール長野校|長野県

ブログ

2019年 5月 15日 大学で何を学ぶか(栁澤)

みなさん、お久しぶりです。

東進ハイスクール長野校担任助手の栁澤です

今回のブログのテーマは「大学で何を学ぶか」です!

色々な担任助手の方々がこのテーマについて書いてくれているので

自分自身が大学で何を学んでいるのかということを

中心に書いていこうと思います。参考までに読んでね(笑)

 

僕は今、信州大学教育学部3年です。僕は社会科教育コースという学科に所属しています。

なので、将来は教師になるために大学に行っている、というのが一番かなと思います。

理由は簡単です、教育学部を卒業しないと教員免許状が発行されないからです(笑)

それを受け取り、教員採用試験に合格することで、

やっと教師になれるのです。

大学はやはり、自分の将来のため、というのが一番大きいと僕は考えます。

自分の将来の夢への第一歩として、

大学に進学してみてはどうでしょうか??

 

また、少し話の論点は変わりますが、

色々な経験ができる新しい出会いがあるというのが大学でもあると思います。

僕は現在法人ボランティアとして活動をしていて、

子どもたちと一緒にキャンプをしたり、

子どもキャンプを実際に企画、運営したりしています。

ちょっと待て、法人ボランティアってなんぞやとなった人は。。。

ググってみましょう(笑)

子どもたちにとって、どんな学びがそこにあるのか、

子どもたちがこの活動を通じて何を得ることができるのかなどを考えています。

正直僕自身大学に入ってこんなことをするとは考えてもいなかったので、

そんな出会いもあるのが大学かなと思います。

大学でであったもの、興味がわいたものから

自分から進んで学んでいけばよいと、自分の経験上感じたので

あくまで一意見として、参考にしてみてください!

それではまた明日!

 

 

 

最新記事一覧

過去の記事