夏の自分はどれくらいできますか?(河合) | 東進ハイスクール長野校|長野県

ブログ

2019年 8月 17日 夏の自分はどれくらいできますか?(河合)

こんにちは!担任助手の河合です!

暑いですね、、長野県は夏も冬も本気を出してくるタイミングが変だと思います。

 

本気を出すタイミングといえば!!高校生はみんな夏に本気を出してますね。僕も高校生のときは本気を出せる夏をすごく信頼していました。

高校1年や2年のときはなんだか無限に時間があるような気がして課題を無限に先延ばししていました。部活や旅行に一生懸命でした。

特に信頼していたのが夏休み最後の週!どんな問題もあの週に解決しようとしていました。

 

でも無理でした!!!

 

僕が高校の夏休み3回で学んだことは「夏はコツコツ本気出していかないと秋以降に泣く」ということです!

ある期間に一気にやろうと思っていてもそんな力は自分には身についていないし、ついこの間まで遊びまくっていたやつがその期間だけ誘惑に勝てるわけありません。

 

そして逆に言えるのは「夏にコツコツ本気を出しておくと秋以降も楽」ということです。

これは3年の夏に実感しました。夏休みとか関係なく毎日コツコツと本気を出すことができました。

おかげで秋以降もかなりハードなスケジュールをすんなり継続してできるようになり、楽できたと思います。

 

夏休みももう終わりかけですが、皆さんは毎日コツコツ本気を出せていますか?

全国の高校生がこの季節に本気を出しているので生半可な本気では簡単に蹴落とされてしまいます!

 

昨日の最高を今日の最低に」これを繰り返していきましょう!!

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

東進長野校生に聞いた!夏の勉強で大切にしていること!!

「とにかく過去問やること」3年男子

「センター目標点とること」本科男子

「継続すること」3年女子

 

みんながんば!!