夏が終わる…(宇佐美) | 東進ハイスクール 長野校 大学受験の予備校・塾|長野県 東進ハイスクール長野校|長野県

ブログ

2021年 8月 26日 夏が終わる…(宇佐美)

みなさんこんにちは、

かなり久々の登場、担任助手の宇佐美です。

なんか最近急に涼しくなりましたね。

短い夏があっという間に終わり

ここからは今までの倍ぐらいの体感で、

あっという間に受験当日になると思います。

あれやこれやとやらなきゃいけないことが出てきて

「ああ、夏にやっとけば良かったな。。」

なんて思うことも、もしかしたらあるのかもしれません。

これは夏に精一杯頑張った人、残念ながら頑張れなかった人、

どちらにも起こりえることです。(結構当たり前に思うことだと思います。)

 

最近、どうして頑張り切れない(最低限やらなければいけない事ができない)受験生

がいるのだろうと考えることが多いです。

 

やらなければいけないことを定義すると

東進が定める合格可能性をたたかくする努力の過程である

勝利の方程式に沿うようなことです。

皆さんはできているでしょうか?

 

できている人はとても立派です。

そのまま頑張ってください。

できていない人は危険です。

一度なぜできないかを考えましょう。

 

皆さんは志望校を決めた段階で、自分の学力から客観的に判断して

最良の将来へ最短で到達できるような大学を

第一志望として目指すことにしたのだと思います。

 

つまりやらなければいけない事ができない受験生は

自分が理想とする将来から確実に遠ざかっていると思うのです。

 

そうまでしてできない理由は何なのか。

もしあるのであればそれを解消して

第一志望合格への最良最短の努力の仕方を導くのが担任助手だと思っています。

どうしてもやらなければいけない事ができない方は是非教えてください。

一緒に考えていきましょう。