二次試験に向けて(中林) | 東進ハイスクール長野校|長野県

ブログ

2019年 2月 2日 二次試験に向けて(中林)

こんにちは!担任助手の中林です!

やっと大学生最後の期末テストが終わり、僕にも春休みがやってきました!3月から就活が始まるので、実質1カ月ぐらいの春休みですが普段時間を割けていなかったものに時間を使おうかなと思っています。

 

さて今回は『二次試験に向けて』です!

僕は現在の大学には推薦で入っており、実際にはセンター試験以外は受けていませんが、去年以降の卒業生が注意していたことを聞いてみたので、今回はそちらからご紹介します!

 

まず、1つ目は『とにかく赤本・過去問演習で傾向や難易度を知る!』です。

長野県の生徒は特に12月にセンター特編があり、多くの生徒は1月から二次試験対策が本格化という感じだと思います。

二次試験は本当にまずは3年分以上を解いて、傾向や難易度を知ることベストです!

大学によっては毎年出る分野がだいたい似ているなど特徴があります。それを知らず勉強をしていると無駄に時間を使っているように感じませんか?

なので、とにかく最初は赤本・過去問演習を多く解きましょう!そのなかでわからない問題は受講や普段解いている参考書を使って、対策をしましょう!

 

2つ目は『県外で受験をするとき』についてです。

他の担任助手のブログでもありましたが、まずは『カイロを持っていく』ことです。

他には『前日に必ず受験会場を下見すること』です。これを行うことで、当日初めて行く受験会場で到着するまで・到着した後がしない時よりも一度行ったことがある感覚もあるため少しは緊張がほぐれると思います。

 

受験生のみなさん、これらのことを参考に残りの二次試験までの勉強、前日の行動を頑張ってください!

長野校一同応援しています!!🏁

 


 

東進ハイスクール長野校では、新年度特別招待講習をやっています!

1年後、2年後、確実に合格をつかみ取るために、

この機会に頑張ってライバルに差をつけましょう!!

詳しくはこちら↓

 

———————————————————-――———————————————————-

 

そして!来たる3月4日!!

東進ハイスクール長野校で公開授業があります!

 

今回の講師は・・・板野先生!

板野先生は、受験生のバイブルともいえる「ゴロゴ」シリーズの生みの親!

現代文・古文・漢文を、効率よく理解しやすく勉強する方法を教えてくれます!

 

今回の公開授業では、現代文の授業をしてくださるのでお楽しみに!

詳しくはこちら↓