センター試験に向けて(早川) | 東進ハイスクール長野校|長野県

ブログ

2018年 12月 3日 センター試験に向けて(早川)

みなさん、こんにちは!

長野校担任助手の早川です!

ついに12月になりましたね!

中林さんのブログを読んだら、今年は例年より暖かいそうで、雪がまだ降ってないみたいですね!

私のいるフィリピン・セブ島は毎日30℃を超える暑さでバテています💦

12月と言えば風邪!というくらい、私は12月に体調を崩していたので、手洗い・うがいをきちんとして予防しましょう!

 

さて、今週ですが、私が受験生の頃にやっていた「センター試験」に向けた勉強法のお話をさせていただきます!

センター試験まであと約1か月になりました!

対策の方は進んでいますか?

私はこの時期、センター試験対策を学校でも東進でもみっちりやっていました!

受験生のみなさんはよくわかると思いますが、この時期の長野県の高校は『センター特編』と言ってセンター試験形式の問題演習をする期間になります。

学校で毎日センター形式の問題を演習して、復習してというのを授業で行うのです。

まず、学校が終わって東進に来ると、学校でやったセンター演習問題の復習をしました。

どこでミスしてしまったのか。なぜそのミスをしたのか。

これをきちんと分析しました。分析をしないまま新しい問題をやると、また同じミスをしてしまうからです。

それが終わると、東進で取っていた『センター過去問演習講座』をやっていました。

これは、週始めに今週の予定を立てて、「毎日センター試験演習をこれくらいやる」と決めていたので、決めた分をきちんと継続して演習するようにしていました。もちろん、復習も含めてです

東進でやるセンター過去問演習は、その日の学校の授業でやらなかった科目をメインにすることで、毎日たくさんの科目の演習ができていたと思います!

注意点として、ただただ問題数をたくさん解けばいいというわけでなく、

「問題を解く→答え合わせをする→間違えたところの分析をする」

この過程をきちんとやってこそ、意味あるものになると思います!

毎日の積み重ねがとても重要になってくるので、必ず毎日センター形式の問題に取り組むようにしましょう!


東進冬期特別招待講習受付中です!

この期間に、ニガテの克服や得意教科の点数を伸ばしましょう!

お申し込みはコチラをクリック↓