だから過去問を解こう!(河合) | 東進ハイスクール長野校|長野県

ブログ

2020年 7月 11日 だから過去問を解こう!(河合)

こんにちは!担任助手の河合です。今日は過去問の重要性について話していこうと思います!

 

受験学年の方は「早く過去問をやろう」とここ2か月くらい言われ続けていますよね。

過去問なぜそんなにも重要視されているのか!理由は1つです。

 

自分たちの本番の問題を作る人たちが作ったものだから です!!

 

模試の問題はあくまで本番を予想してまったく別の人間が作ったものです。

だから雰囲気も似ていて自分の実力を把握するうえで参考になります。

過去問は本番の問題です。

二次試験や私大の試験ならその大学の先生がどんな学生が欲しいかを考えながら作成しています。

そのためその大学の求めていることが過去問に表れています。

またその年に受験した人はその問題ができたできなかったで合格不合格が決まっています。

その重みも過去問ならではのものです。

 

自分のラーメン屋を開きたい人が一歩目としてラーメン屋でアルバイトするのと同じです。

ラーメン屋を目指している人がケーキ屋で働いていたら「???」ってなりますよね。

 

自分の志望校の過去問を解いて初めて、その大学の対策が始まります。

通期講座や学校の授業は過去問で十分に力を発揮して対策を進めやすくするための準備です!

 

小中高の学生生活で一番勉強する夏になると思います!

東進のスタッフ全員でみなさんをサポートするので一緒に頑張っていきましょう!

——————

夏期講習の申し込みはすでに始まっています!

東進でこの夏頑張ってみたい方は下のバナーをクリック!!