この時期に過去問演習する意味(向林) | 東進ハイスクール長野校|長野県

ブログ

2020年 8月 13日 この時期に過去問演習する意味(向林)

みなさんこんにちは!

担任助手の向林です。

 

最近は長野オリンピックとしてグループごと向上得点受講コマ数を競っていて

全学年の登校受講数が増えたように感じます‼

 

受験生のみなさんは過去問演習大問別演習を進めている人が多いかと思います。

「なんでこの時期に過去問をやるの?」

「やっても合格点とれないから意味ないじゃん」

と感じる方もいると思います。

 

しかし、この時期に過去問を最低5年分やることで

今後自分がどんな勉強をしていかないといけないのか正確に知ることができます。

 

「いい点とれないじゃん」

確かにそうかもしれません。

 

しかし、なぜいい点が取れないのか、もう仕上がっている分野はどこなのか、

過去問演習を通して知ることで今後自分がやらないといけないことが明確化できます。

 

時間がたくさん確保できる夏休みのうちに

できるだけ多くの過去問演習→分析をし、

今後の学習方針を立て

志望校合格掴み取りましょう!!

担任助手一同全力でサポートします!!

 

向林