ブログ | 東進ハイスクール長野校|長野県

ブログ 

2017年 8月 15日 第4回センター本番レベル模試に向けて(中林)

こんにちは、担任助手の中林です。

夏の暑さに負けないぐらい今の長野校はみんな熱い思いで日々頑張っています。

 

8月27日に第4回センター本番レベル模試が行われます!!

今回はそれにむけて話をしたいと思います。

 

夏休み終わりに行われる今回の模試であり、夏休みで頑張った結果を出せる大切な模試であります。

なので、今回の模試では大きく成績が上がる生徒と伸び悩む生徒に分かれと思います。

成績が上がった生徒は、その調子で頑張っていきましょう!!

 

伸び悩んだ生徒に特に徹底してもらいたいことがあります。

それは、模試後の分析です。

それもただ「ここがダメだった」だけでなくそれを改善するための

原因究明としっかりとした具体策を考えるようにしましょう!!

長野校の分析シート等をうまく利用してみましょう!

 

夏休みあと一週間ほどの高校が多いと思いますが、だらけずに

残りの夏休みも勉強に打ち込みましょう!

 

 

 

 

2017年 8月 14日 第4回センター試験本番レベル模試に向けて(早川)

こんにちは!長野校担任助手の早川です!

昨日から3週間、語学留学とボランティアのためにフィリピンのセブ島に来ています。

なので、本日から3週間はWi-Fiの環境が良ければセブ島からの更新になります(笑)

今週のテーマは「第4回センター試験本番レベル模試に向けて」です。

8月27日に第4回センター試験本番レベル模試があるのはご存知ですか?

受験生の中にはこの模試の結果によって過去問演習をどうしていくのか決める人たちもいると思います。

センター試験本番まで約半年になりました。

この模試で取らなければならない点数は自分のなかでわかっていますか?

その点数を確実に取って、半年後のセンター試験本番にその成果を出せるようにしましょう!

ということで、センター試験の点数をあげたいみなさんに私のおすすめの勉強法があります!

これをやったら確実に点数が上がるという保証はできないので、参考程度に考えてください。

それは、センター試験と同じ時間制限を設けて大問ごとに何分かけるかを決めて演習することです

センター試験でよく聞くのが「時間が足りなかった」というセリフ。

時間が足りなかったというよりかはきっと時間配分が悪かったのだと思います。

問題を解く時間はみんな同じなので、

「その限られた時間の中でどこをどうやって何分で解くのか」を決めることが必要だと思います。

解き方などは個人によって合う・合わないがあるので、自分に合った演習方法を見つけましょう!

そして、いい結果が出るように毎日の積み重ねの学習を大切にしましょう。

 

2017年 8月 12日 僕の受験期の一日の使い方(窪田)

こんにちは!担任助手の窪田です!

 

世間はお盆に入り、長野県の高校生の夏休みも半分が終了しようとしています。

 

ちなみに長野県は世界一休みが短いで有名です。

20日くらいしかないので、1日をどれだけ充実させるかが重要です。

 

 

なので今回のテーマは「受験期の一日の使い方」です!

 

僕は1日15時間勉強しようと意識していました!

 

朝7時に登校するのは当たり前で、午前中に1日の目標コマ数を受けきる。

 

午後は課題や高速基礎マスターに時間を費やす。

 

家ではMy単語を片手にご飯を食べながら勉強し、風呂でも音読。

 

トイレでは地理の勉強

(左の壁に世界地図、右の壁に日本地図を貼っていました笑)

 

 

15時間勉強するとなると常に勉強しています。

 

友達と話す時間がほとんどなく、昼食も暗記物片手に勉強していました。

 

でも、これは自分に危機感があったからです。

 

また、とにかく早く終わらせようという思いもありました。

 

早く終わらせられれば、演習に早く入ることが出来ます。

ということは、点数に結び付けられるということであるし、

合格の可能性が上がってくると言えます。

 

休みが残り半分であり、特に受験生にとっては

 

まとまって勉強時間の取れる最後のチャンスなので、

 

1日1日を大切に過ごしてほしいと思います。

 

以上

長野校 窪田隼人でした!

 

 

 

2017年 8月 11日 毎日「変えないとこ」と「変えるとこ」(栗原)

こんばんは!東進ハイスクール長野校の栗原です!

今年の夏は帰省などでこれから2週間校舎に行けません…

しかし離れたところからでもこの夏で皆さんが成長するのを応援しています!

 

さて、今回は「現役時代の夏休みの1日のスケジュールについて」ですね!

ぼくは現役時代は東進ハイスクールに通っておらず、別の塾に通っていました。

しかし、勉強時間などは参考になると思います。

ぼくの場合は

6:00 起床

12時間勉強

0:00 就寝

という生活を徹底していました。

毎日絶対変えないと決めていたのは「起きる時間」「寝る時間」「勉強時間」の3つです。

睡眠時間は6時間は寝ようと決めていて、削り過ぎても日中眠くなってしまうので、このぐらいが僕にはちょうど良かったです。

また、勉強時間も12時間と最低ラインを決めて確実に量は確保するようにしていました。

しかし、変化をつける部分もあります。

長い夏休み毎日全く同じではさすがに飽きてしまいますからね(笑)

僕の場合は移動時間に聴く曲と、暗記系の勉強する教科を変えたりしてました。

これは東進でも応用できることだと思います。

例えば高速マスターを昨日は単語を復習したから今日は熟語とか、

センター過去問演習講座の解く教科の順番を変えてみるとか。

やり方はいくらでもあると思います。

大事なのは「毎日習慣にすべきところ」と「毎日飽きないように変化をつけるべきところ」を自分なりに決めるところです。

習慣化すべきところは徹底し、しかし単調にならないように工夫する。

それが夏の乗り切り方です!

みんな自分のオリジナルの夏休みをカスタマイズしてみましょう!

 

 

 

2017年 8月 10日 僕の受験期の一日の使い方(中林)

こんにちは、担任助手の中林です!!

最近、夏休みになり、普段できないことに挑戦している日々です。

 

今回は、僕が受験期にやっていた時間の使い方を紹介していきます。

 

自分は、とりあえず第一に夜更かし・徹夜を絶対にしないというのを決めてました!

夜更かしをすると、勉強も頭に入らない、翌日にも影響するのでしてませんでした。

 

他には、自分は基本的に時間ではなく、毎日の目標がページ数などで設定していましたが、

その中で、この分野では何分で解いてみるなどしていました。

本番の試験でも、時間配分が大切になってくるので、このやり方はおすすめです!!