12月センター試験本番レベル模試を終えて(窪田) | 東進ハイスクール長野校|長野県

ブログ

2017年 12月 22日 12月センター試験本番レベル模試を終えて(窪田)

こんにちは!担任助手の窪田です!

 

個人的な大学院での研究も殆ど終えて、

後は修士論文を書くことと修論発表会に臨むのみとなりました。

 

受験生の皆さんも最後の詰めに入って緊張感も増してると思います。

 

緊張するということは本気で頑張ってきた証拠です。

程よく緊張して残りの期間勉強してください。

 

今回のテーマは

「12月センター試験本番レベル模試を終えて」です!

 

校舎にいると「残りの期間で何をしたら良いのか分からない」

という生徒を多く見ます。

 

「何をしたら良いのか分からないからとりあえず文法書を見直す。」

「文法が出来ないから英文法750に取り組む。」

「とりあえず長文問題を解く。」

という状態になっていないでしょうか?

 

1ヶ月を切ったこの期間こそ最短で点数を伸ばすために

目的を持って勉強をしてください。

 

12月模試の中で何が課題として出てきたでしょうか?

英語に絞ってみると、生徒の中には

「文法問題が下がった。アクセントが出来ない。」

という生徒がいますが、

大事なのは長文問題で点数をしっかり取ることです。

 

長文を取るためには、

単語熟語文法が身に付いているか?

構文が取れているかどうか?

が重要になります。

 

単語は分かるが、構文が取れないのであれば、

特編授業で扱った長文を精読してその後音読をする必要があります。

 

長文の中で分詞構文に課題があると思ったのなら、

そこを文法書で復習をする必要があります。

 

12月模試では点数だけを見ないようにしましょう。

そこで得た課題に沿ってしっかり勉強するようにしてください!

 

以上

長野校 窪田隼人