面接について(藤波) | 東進ハイスクール長野校|長野県

ブログ

2015年 11月 5日 面接について(藤波)

こんにちは、東進の藤波です!

さて11月です、早いですね。

2015年も終わりに近づいていますが、私は…卒論で大変です。

 

さあ、今回は推薦入試での面接についてお話しまーす。

最近面接を控えている生徒と話す機会が多いので、簡単に自分のことについてお話します。

何をあろう、私は信州大学教育学部に公募制推薦で入学しました!

学校のイラスト文字「大学」

ちょうど4年前の今頃です。

遠い昔ですね…。

4年前の信州大学教育学部学校教育教員養成課程英語教育コースの公募制推薦は、書類審査グループディスカッション個別面接でした。

ちなみに書類審査での高校の評定は4か…4.5かは忘れてしまいましたが、私は4.5以上ありました!(自慢)

サル山のボスのイラスト

そして、グループディスカッションはある詩について、どのような音読をするかと話題でした。

高校生はAからFまでのナンバーが振られた円形におかれた席に座り、話し合いをしました。

グループディスカッションは自分をよく見せるのではなく、いかに周りと協力し自分の協調性みせるかがポイントなのではないでしょうか!

グループディスカッションのイラスト

なので、相手の話は相槌をしながらよく聞き、発表の際に「〇〇さんと同じように…」と言ったり、静かな子がいれば「〇〇さんはどう思いますか?」と話を振ってみたり、話がズレそうになったら、話を戻してみたり、タイムキーパーと同じように時間を気にしたり…と頑張った記憶があります。

とにかく教育学部なので、話し合いを盛り上げました。いいものにはいいね!と言い、うまくいったら笑顔で拍手したり…

司会になることもアピールにつながるかもしれませんが、うまくまとめたり、進行できなかった場合はマイナスにもなってしまうので、気をつけましょう!

あと、個別面接は英語教育コースなので、英語での会話がありました!

練習はしていったのですが、思ってもなかったことを聞かれたので、面接官(現在ではとてもよく話す先生)に聞き返したりしましたね。

とにかく提出書類自分のことに関しては簡単に英語で話せるように考えておくことが大切ですね!

どのように試験会場に来たか、高校での部活について、好きな科目、地元の話、大学でやりたいこと

オススメはALTの先生とフリーチャットをすることです!

外国人の先生・講師のイラスト(男性)

暗記した英語を話すのでは、思いもよらない質問が来たとき焦るので、英語の会話を通して英語で考える練習をするといいでしょう!

あとは、色々な人と面接を練習すること!です。人によって見るところも聞いてくることも様々なので、多様な練習ができます。

そして最後に自分をしっかり知ってください。

ちょっと就活見たいになってしまうのですが、問われるのはどんな人物かということ。自分を知り、自分の考えを明確にして面接に臨んでほしいと思います!

Good luck!