長野校スタッフ自己紹介⑩ | 東進ハイスクール長野校|長野県

ブログ

2014年 5月 5日 長野校スタッフ自己紹介⑩

みなさんこんにちは!

今日は「こどもの日」ですね!
「こどもの日」は実はこどもの幸福を願うとともに母親に感謝する日らしいです。普段はなかなか伝えられないことかもしれません。この機会に一言でも良いので伝えてみてはいかがでしょう。

さて、10人目の自己紹介はわたくし白瀬です。
昨年の6月より長野校で担任をしております。

簡単に情報を・・ 

【名前】
白瀬佑樹(しらせゆうき) 

【出身】
神奈川県川崎市
山口県に2年間住んでいた以外はずーっと川崎でした。
川崎大師とか川崎フロンターレとかいろいろあります。
川崎駅は年間の駅利用者数がなんと!世界で28位だそうです! 

【受験科目】
英・数・国・物・化・現社って感じで勉強してました。
実は受験生の時は東進生だったので東進歴はものすごく長いんです。 

【趣味】
運動はなんでも好きです!
本職(?)はバスケで、大学卒業するまで14年間ぐらいやってました。
その他、硬式テニス・野球・陸上・体操・水泳の経験もあります。
スポーツの話題には事欠かないですね(笑) 

【好きな言葉】
不言実行
⇒言われなくてもやるべきことをやる。という意味です。有言実行と逆の言葉ではなく、実行することに変わりはありません。私はこの言葉には相手に対する心遣が含まれていると考えています。これを自分がやっておけばあの人は助かるのかなと思うことに対して進んでやる。そんな人になりたいです。 

できる理由を考える
⇒自分もそうですが、「~だからできない」とか「~のせいで」とか、できない理由を考えるのは非常に簡単です。でもそれでは前進しない。「どうやったらできるだろう」と考えること重要だと思います。ぜひ少しでもそういう視点を持ってもらえればなぁと思います。 

【少しだけ旬な話し】
最近、夏期合宿に参加しようか悩んでます・・・という相談を生徒からよくされます。
「参加したほうがいい!!」と即答です。
私は生徒のときに参加し、その後スタッフとしても3回参加しているのでこの夏期合宿を4回経験しています。
とにかく共通して言えるのは、本当に勉強に対する姿勢が変わり、人生までもが変わる生徒が何人もいます。
英語合宿なんだから英語の学力をあげることが目的じゃないの?
たしかにそれもあります。しかし、5日間今までにないくらい本気で勉強や将来に向き合うことで得られるものの価値のほうが遥かに大きいと私は考えています。
簡単にそんな経験ができるわけではありません。5日間で変わりたいと思うなら本当に本気で臨まないと意味がありません。
これまでの自分の人生を振り返っても夏期合宿が1番きつくて衝撃的な体験だったと思うので(笑)
びびらせたいわけではないですが、強い想いを持って臨めば確実に変われる機会だということです。少しでも迷っている人は絶対に参加したほうがいい。自信を持って勧めます!!

  

とまあこんな感じで自己紹介を終わりたいと思います。
もっともっと長野のことを知りたいので、ぜひ高校や班活のこと、おすすめスポットの情報をください!
おすすめされればわりと試すタイプですので!

 本日はこれくらいにします。
また近々出番があると思いますのでそのときに!