長野校スタッフ自己紹介⑤ | 東進ハイスクール長野校|長野県

ブログ

2014年 4月 30日 長野校スタッフ自己紹介⑤

どーもこんにちは!!

今年の四月から担任助手をやらせてもらってます今西紀穂です。まだまだ未熟ですがこれからもよろしくお願いします!

自己紹介ということでまずは僕の通っている大学から紹介していきたいと思います。

僕は信州大学で建築を学んでます。

建築課題はいつも期日に迫ってくると鬼の形相で迫ってきます泣

長野校のスタッフさん達は全員信州大学所属なので

東進ハイスクールのお仕事だけではなく

大学のことまでいろいろ教えてもらえるので

とてもよい環境です。感謝感謝。

入ったばかりで僕のことを知らない生徒さん達も多いと思うので、僕のことをより知ってもらうために

今現在入っている部活(サークル) 

ラクロス

解説 みんなにはなじみのないスポーツだと思います。ほとんどのラクロッサーは大学からはじめるのでスタート地点が同じなのです!だから日本代表になってみたかったらラクロスをやるのがお勧めです(笑)

僕と同じ時期に担任助手になった浦野先生もラクロスをやっています。

好きなアーティスト 

スピッツ、JUDY AND MARYなどなど

解説 スピッツ好きがいたら語り合おう!

好きな食べ物 

アイスクリーム(特にスーパーカップ)

解説 

一日に3個は当たり前。

座右の銘 

いつだって偉大な先人たちは凡人たちの熾烈な抵抗を受けてきた アルバート・アインシュタイン

解説 ただただそのとおりだと思ってます。常識にとらわれないことが重要だということですね。

東進生に伝えたいこと 

  かっこ悪いくらい勉強するほうが絶対かっこいい。だって受験生だろ。

解説 この言葉は某予備校で聞いた言葉なのですが、

まったくもってそのとおりだと思うので載せました。

事あるごとに「だってさー、受験生じゃん。」って言えるようにしましょう。

だって受験生だろ。

また話は変わりますが、

僕自身受験期に人の話を聞くようなタイプではありませんでした。

基本をやりなさいとか、

苦手は早めになくしましょうとか、

進路指導の時間で聞くことはいつも同じでうんざりしてました。

いやたしかにそうかもしれません。

基本をやったほうがいいに決まってます。

だけどそれはその道・方法で成功してきた人が多いというだけなのです。

その方法は今まで受験で成功してきた人たちが切り開いてきた道(手本)なのです。

もし自分の考えが得意教科をとにかく伸ばしていくというものだったら、

その方法で成功すればいいのです。

受験に勝てばいいのです。

その道(手本)を切り開けばいいのです。

『僕の前に道はない。僕の後ろに道はできる』

ぜひともこれを目指してほしいと思っています。

でもね、道を切り開くには努力が必要。

それはみんなわかってるはずです。

かっこ悪いくらい勉強するほうが絶対かっこいい。

今ある道もまだない道も先に進むにはかっこ悪いくらい努力をしてください。

みんなが志望校に受かってその先に明るい未来があることを心から願っています。

僕からは以上です。

ありがとうございました。