過去問演習講座を取っていない科目の勉強は進んでますか??(栗原) | 東進ハイスクール長野校|長野県

ブログ

2017年 11月 24日 過去問演習講座を取っていない科目の勉強は進んでますか??(栗原)

 

こんにちは!東進ハイスクール長野校の栗原です!

この間、信州大学教育学部の図書館に高校生の子たちが見学に来ているのを見かけました。

みなさんは大学のオープンキャンパスなどに行った時に図書館は見てみましたか?

大学に入学するとテスト勉強や文献・論文探しと利用する機会はかなり多くあります。

大学選びの際に要素の1つとして頭の片隅に入れておいておくといいですよ!

 

さて、東進に通っている高3生のみなさん、過去問演習講座やっているでしょうか?

過去問演習講座には2種類ありましたね。

「センター過去問演習講座」「2次私大過去問演習講座」です。

それぞれ分析を繰り返し、自分に足りないところを埋める勉強をやっていると思います。

しかし!ここで注意してほしいのは、講座を取っていない科目の勉強です!

講座があるなら、問題がすぐに印刷できて答案が添削されて返ってきて解説授業を見ればいいんです。

しかし、過去問演習講座を取っていない人は、もちろんですがそれぞれ自ら勉強しなければなりません。

例えば、2次私大過去問演習のみ取っていてセンター過去問演習講座を取っていない人は、センターの勉強は市販の赤本や黒本などを使ってやる必要があります。

この時、2次私大の方はコンテンツが用意されており、結果も東進の学力POSで管理できますが、センターの方は自分で予定を立てて何をどれぐらい勉強するかを考える必要があります。

さらに東進コンテンツを使わないということは、私たち担任助手の管理も難しいということになります。

これは高1、2年生の生徒たちにも同じことが言えます。

東進で講座や高速基礎マスターを取ってない科目の勉強をどうするのか。

担任の先生や私たち担任助手とも相談しに来てもらっても構いません!

しかし、まずは自分で考えてみてください。

何をいつまでにやるかの計画を立てる、そしてそれを確実に実行する。

このことは大学に入ってから確実に必要になります。

この機会に、講座を取ってない科目の勉強を見直して計画を立ててみませんか?