自分の受験期伝説⑥(西川) | 東進ハイスクール長野校|長野県

ブログ

2014年 10月 26日 自分の受験期伝説⑥(西川)

みなさんこんにちは!

西川です。

 

今日は、待ちに待った

全国統一高校生テストですね!

今、全国各地で一斉に勝負が行われています。

受験するみなさん!自分の力を全て出し切ってきてください!

 

さて、自分の受験期伝説についてです!

私は高3の12月のセンター試験本番レベル模試で

過去最低点を取ってしまいました・・・。

もうだめだとあきらめかけていましたが、

東進の担任の先生に

「この位の点数じゃないと勉強する気にならないでしょ」と言われ、

スイッチが入りました。

その後、私はセンターの過去問を1日3年分解き、

センター試験本番まで無心で解き続けました。

 

その結果、本番では自己最高点を取ることができ

12月の模試から150点伸ばすことができました!

特に日本史は40点から88点まで伸ばすことができました!

 

この経験で私は本当に努力するということを学びました。

受験で得たものは人生の財産だなと実感しています。

大学受験は人生で一度きり。

どうせやるなら本気でやって、志望校合格を勝ち取りましょう!

 

長野校 担任助手

西川知里