私の受験生時代(後藤) | 東進ハイスクール長野校|長野県

ブログ

2016年 9月 3日 私の受験生時代(後藤)

こんにちは、担任助手の後藤です。
最近、夕方を過ぎると
過ごしやすいので
あらためて長野の涼しさを
実感しています。
「涼」と書かれた団扇のイラスト


今回は「私の受験生時代」
ということで、
私が高3の時、どんな生徒で
あったか話したいと思います!

今、振り返ってみると
『とにかく自分に厳しい』
生徒だったと思います。
受験生・浪人生のイラスト(女性)
「十分頑張ったからもういいかな」
と思うことはほとんどなく、
「まだまだ、頑張れるはず!」
と思いながら勉強をしていました。
学校の休み時間や昼休み、
通学のバスや電車の中でも
常に勉強時間を確保し、
スキマ時間を活用していました。
追い込みが激しく、親や友達に
心配される事もありましたが
あまり気にせず、体調を崩さない
ようにだけ気をつけていました。
また、
田舎に住んでいたので
閉館まで残る事があまり
出来なかったのですが
朝は始発のバス、
帰りは最終のバスで
毎日登下校していました。
閉館まで居られない分
帰ってからも勉強して
補っていました。
勉強をしている人のイラスト(女性)
「これから受験生の時と同じ
生活を送って下さい」
と言われても、
今の私には難しいです>_<
それくらい、あの時は
自分の限界を超えて
頑張っていたと思います。
追い込み過ぎて勉強に
手がつかなくなるのは
本末転倒ですが
まだ自分に甘いと感じる人は
自分に厳しくなって下さい!