私が部活動から学んだこと⑤(小松) | 東進ハイスクール長野校|長野県

ブログ

2015年 5月 27日 私が部活動から学んだこと⑤(小松)

皆さんこんにちは!

長野校担任助手の小松です。前回はオリンピックインタビューをさせてもらいました。

協力してくれた生徒のみなさん、ありがとうございました!

 

さて、今日は私が部活動から学んだことというテーマですが、

私は、中学は美術部、高校は松本深志の応援団管理委員会とアコギ部を兼部していました。

異例の経歴ですね。

 

中でも印象に濃いのは応援団です。

毎日の応援歌練習はもちろん、4月にある深志生の洗礼行事である応援練習にむけて

コールの練習、声が小さい時に後輩を怒る練習、鯉のぼりづくり、さらには生徒会のやり残した雑用まですべてをこなしていました。

そこで身に付いたのは「仕事力

仕事をする上では何もかもが同時並行です。スケジュールや時間管理もとても重要になってきます。

今東進で仕事をする上で、役に立っていることはほとんどここからきているといってもいいくらいです。

 

部活から学べることはそれぞれかもしれませんが、近い将来必ず頑張りとおした経験は役に立ってきます。

それを勉強と両立できたら相乗効果も期待できそうですね!

それではまた次のテーマで会いましょう!

部活生特別招待講習