毎日何か1つでもいいから得られたことを見つけよう!(栗原) | 東進ハイスクール長野校|長野県

ブログ

2017年 12月 22日 毎日何か1つでもいいから得られたことを見つけよう!(栗原)

こんにちは!東進ハイスクール長野校の栗原です!

今日のブログは僕が書きます!

最近長野校にいろんな高校の弓道部の子が良く体験に来てくれています!

僕は高校時代に弓道部だったので、同じ部活の人と話しができるととても楽しいです(*‘∀‘)

特に弓道って専門用語が多いので、やってない人とはあまり話を共有できないんですよね…(射法八節とか早気とか、分かる人には分かる)

弓道部の子たち!ぜひ東進に体験授業に来て、少しだけ弓道の話もしましょう!(笑)

 

さて、先週の日曜に最終センター試験本番レベル模試が実施されました。

各々自己採点してみて一喜一憂している最中だと思います。

そんな中で僕が今日伝えたいのは、「毎日何か1つでもいいから得られたことを見つけよう!」ということです。

なんか僕が書く文は、全部精神論みたいになっちゃいますね…(笑)

まあ、具体的なことは他の先生方が書いているのでそっちを見てください(笑)

さて、このテーマについてですが、模試の結果を見て

「自分全然前に進んでない」「むしろ下がる一方…」

と考えている人はいませんか?

前の模試と比べて、点数変わらずならまだマシ、むしろ下がっていたら絶望的な気持ちになりものすごく焦ると思います。

そしたらもう気分は落ち込んでいく一方ですよね。

人ってやっぱりやるからには少しでも成果が目に見えて表れたり、前に進んでる実感が無いと、その後も前向きな気持ちで頑張ろう!とやりがいを感じないものなんです。

そこで冒頭で僕が紹介した、この「何か1つでも得られたことを見つける」です!

この内容はほんとにどんな小さなことでもいいです。

「新しく3つ単語覚えた」でも、「過去問の点数が5点上がった」でも、「昨日10分かかった問題が8分で解けた」でも

それは本当に小さいので、意識しないと普段は見つけられません。

しかし、それは身近に転がっており、君たちが確実に前進している証拠です。

それを見付けられれば、君たちのその1日は決して無駄ではなく、良い日だったと言えると思います!

ぜひこのことを頭に入れながら、四葉のクローバーを探すみたいな感じで試してみてくださいね!