時間の使い方①無駄な時間は作らない(竹内) | 東進ハイスクール長野校|長野県

ブログ

2014年 5月 20日 時間の使い方①無駄な時間は作らない(竹内)

こんにちは!

担任助手の竹内です!!

今回のテーマは「受験時代の時間の使い方」ということで浪人時代の時間の使い方について書きます。

 

私が浪人時代どのように無駄な時間を作らなかったか紹介します。

①移動時間は英単語の時間

当時英語が苦手だった私は電車通学だったので、電車に乗っているときの往復14分間は英単語を毎日やっていました。

また、お昼にコンビニへ行くときがあったのですが、その時間も単語帳を持ち歩きして勉強していました。

まずはそういう移動時間隙間時間に英単語とかをやるのをお勧めします!!

②ご飯は早く食べる

浪人の頃、10分弱でいつも食べていました。

早く食べて勉強をしないといけないという意識がものすごく強かったです。

食べている間も勉強すればいいのでは?という人がいると思いますが、

私は二つのことを一緒にやるということができなかったので、

食べるときは食べるとメリハリをつけてやっていました。

そっちの方が自分的には良かったです。

③早寝早起き

テレビなどを見る時間があるなら早く寝て、朝起きて勉強をした方がいいという考えからこうなりました。

なので受験までの間ずっと早寝早起きを継続してきました。

最初は早く起きるがつらかったのですが、1週間ぐらいで慣れました。

 

以上の3つを特に気を付けて無駄な時間を作らないようにしてきました。

これは浪人時代のことですが、現役生にも同じことが言えると思います。

時間は自分でつくるものです。

何もしなかったら時間なんかつくれませんよ?

時間がないという人は、時間を作る努力をしていますか?

する前からできないとは言ってはいけません。

人間やればなんだってできます。

まずは時間をつくる意識からしていきましょう!