数学は早期スタートがホントに大切!その理由教えます!(担当:栗原) | 東進ハイスクール長野校|長野県

ブログ

2017年 4月 25日 数学は早期スタートがホントに大切!その理由教えます!(担当:栗原)

こんにちは!本日のブログ担当は栗原です。

今回のブログは少し耳が痛い話かもしれませんが、是非最後まで読んでみてください!

さて、高校生の皆さんは数学という科目に対してどのような意識を持っているでしょうか?

「数学が好きかどうかで文理が決まる」

「積み重ねの科目だから最初に取り返すのが難しい」

なるほど、確かにそれらも重要な要素です。

しかし、数学はもっと先、つまり受験本番に与える影響が他教科よりとても大きいという認識は感じたことがないのではないでしょうか?

そうなんです!数学は受験の合否に与える影響がとても大きい!しかしそのくせ範囲が膨大で時間が必要!だから早期スタートが大切なんです!

↑「数ⅠAⅡBが早く修了するほど、センターで高得点!」(By 志田晶先生)

このグラフから分かるように、数学を早く始めて早く修了するほどセンターの点数が伸びてますね。

また、

↑ 「数学が理由で国公立を諦める人が多い!」(By 大吉巧馬先生)

国立第一志望の人たち(特に理系)は、数学が出来ないことによって私立に第一志望を移してしまう人が多いんです。

 

これを見たらなかなか危機感を持つと思います。

なので数学の早期スタートはほんとに大切なんです!

目標は、「高1の3月末までに数Ⅱまで修了!」「高2の3月末までに数Ⅲの基礎まで修了!」です!

これを見てヤバイ!と感じたら、東進に来てどんどん受講を進めよう!