将来の夢④一人の教育者として日本に貢献したい(藤波) | 東進ハイスクール長野校|長野県

ブログ

2014年 6月 4日 将来の夢④一人の教育者として日本に貢献したい(藤波)

 

 こんにちは、担任助手の藤波です。

 

いよいよ夏らしくなってきました!

 

水分補給も大切ですが、あまり冷房の効いた部屋ばかりにいるのはよくありません!

 

暑さも感じ、時々夏を楽しんでいきましょう。

 

夏は始まったばかりですよ!

 夏のイラスト「向日葵」

 

さて今回のテーマはずばり「将来の夢」です。

 

みなさんはどんな夢を持っていますか?

 

または、どんな目標をもっていますか?

 

 

小さい頃の私の夢はケーキを毎日食べたいという野望からケーキ屋さんでした。

 

そして今は、子どもに英語を教えたいという気持ちから

 

英会話教室の先生が私の将来の夢です。

 

私は子どもに“使える英語”を教えたいと思っています。

 

2020年のに向けて

英語の必要性が重視されています

 

小学校でも5,6年生は外国語活動というくくりではなく

小学校英語という本格的な科目になり

3,4年生から外国語活動は始まります。

 

学校の建物のイラスト


どんどんと子ども達が英語に触れる機会が多くなってきています。

 

そこで私はその機会をふやし、座学を中心として英語ではなく

話す力聞く力

重視した学びの場を作りたいと考えています

 

 

 

 

 みなさん、夢ってとても大切だと思いませんか?

 

漫画や小説の主人公たちは目標野望を持っています。

 

またはある強い考えや思いを持っています。

 

なぜかっていうと

 

そうじゃないと話が始まらないし進まないから!

 

自分だけの夢を目標を考えをもしくは野望を持てていますか?

 

持てているみなさん、応援しています!

 

持てているか不安をもっているみなさん

私たちと一緒に夢について考えてみませんか?

 

 

 

if you can dream it you can do it

 

―夢を描くことができれば、それは達成できる―

ウォルト・ディズニー

 

 

ここをクリック矢印・上