将来の夢①誰にでも信頼されるような教師(竹内) | 東進ハイスクール長野校|長野県

校舎からのお知らせ

2014年 6月 1日 将来の夢①誰にでも信頼されるような教師(竹内)

こんにちは!

担任助手の竹内です。

今回のテーマは「将来の夢」ということで、熱く書いていきます(笑)

 

私は、教育学部で勉強しています。

もちろん教師になるつもりです。

ここから書いていく内容はどういう教師になりたいかです。

普通の教師では、物足りません。

やはり人とは違う教師を目指していきたいです。

それでは書いていきます。

 

私の将来の夢は、

「誰にでも信頼されるような教師」

です!!

 まず教師になりたいと思ったきっかけは、

小学校の時に算数がわからない友達がいて、僕が教えたらわかってくれてその時に教えるのって楽しいなと思い教師になることを決意しました。

次に「誰にでも信頼されるような教師」を目指し始めたきっかけは、

中学校のときに、ものすごくみんなから信頼されている先生がいて、いつかこの人のように生徒、先生、保護者から慕われる存在になり、多くの人に影響を与えたいなと思ったのがきっかけです。

私は、小学校のときから「教師」という夢は変わってないし、中学校のときから「誰にでも信頼されるような教師」という夢も変わっていません。

これからも変わらないです。

誰にでも信頼される教師になんかそんな早くなれると思っていません。

10年かかるかもしれない。

20年かかるかもしれない。

30年かかるかもしれない。

いつなれるかはわかりませんが、いつかは絶対叶えます。

簡単になれるような夢ではないのは知っています。

しかし、簡単にはなれないから目指しがいがあるし、それに向かって頑張れるのだと思います。

受験時代もこの夢のおかげ頑張れたし、大学でも頑張れています。

来月には教育実習が始まります。

夢にまた一歩近づきます。

実習は大変だと聞いていますが、大変だからこそやりがいがあると思います。

夢に向かってこれからもがんばります。

 

皆さんにも目指すものがあると思います!

それを叶えるためにはいろいろとつらいことや大変なことはあるかもしれません。

それを乗り越えた先のことを思い浮かべてください。

絶対楽しい未来が待っていると思います。

夢に向かって一緒に頑張っていきましょう!