大学の授業について≪一般教養編≫③(白瀬) | 東進ハイスクール長野校|長野県

ブログ

2016年 6月 14日 大学の授業について≪一般教養編≫③(白瀬)

みなさんこんにちは!!

最近無性にウォークマンがほしい白瀬です。

今まで音楽を聴くためのものを買ったことがないのですが

なぜか最近、欲しくなってきたので探し中です!

デザインと、YUIがCMに出ていたというだけで

すでに商品を決めています!

CMの影響力ってすごいですね(なんの話なのか・・)

 

さてさて

今日は大学の授業《一般教養編》ですね。

大学の授業は大きく3つに分かれます。

「必修」「専門」「一般教養」です。

 

「必修」

・・その学科の学生が必ず受ける授業 

「専門」

・・必修ではないが、学科の専門の知識を高めるために

いくつかの専門授業の中から選んで受けるもの。

( 例・・経済学科の学生はこの中の20個の専門授業から

10個選んで受けてください。というような感じ)

「一般教養」

・・その名の通り教養科目です。

学科や分野に関係なく、

本当に自分がとりたい授業がとれます。

1年生のときに受けることが比較的多いです。

 

ちなみに、大学や学部・学科によって

必修がものすごく多かったり、

ものすごく少なかったりと様々です。

こういった情報も大学を選ぶときに参考になるかも!

 

そろそろ本題にいきますね(笑)

自分が大学時代に受けていた中で印象に残っている

授業をいくつか紹介します。

「社会心理学」「宇宙学」「数学」「世界の食料問題」

(昨日の窪田先生と2つも被るというまさかの展開)

 

「社会心理学」

実はものすごく細かく分かれている心理学。

その中でも、日常生活にスポットを当てた

心理学を勉強しました。

授業の半分以上が男女間の心理についてのネタでした。

まぁ大学生にはうけますよね(笑)

本来少し難しいはずの心理学の内容を、学生の興味が湧く方面から

授業をしてくれた先生に感謝です!!

 

「宇宙学」

中学生のころから宇宙の成り立ちにとても興味がありました。

実は大学も宇宙工学系に進もうか悩んだこともあります。

宇宙は面白いです!!でも研究は果てしない気がしました・・

 

「数学」

単純に数学が好きで受けていました。

でしょうね。そうじゃなきゃ数学なんて・・

と思ったそこのあなた!!

数学に対してマイナスイメージ

持っている学生もまぁまぁいましたよ。

資格の勉強や就職などで有利だと思った、という人もいれば、

数学ができたほうが面白そうだと思って、という人もいました。

僕もそう思います。数学楽しいですよ!

 

「世界の食料問題」

僕の場合、専門科目でも似たような内容のことをやっていましたが、

面白そうなので受けていました。

ひたすら感じたのは2つのことで、

日本は恵まれている、ということと

食料の分配のために活動しているボランティア団体だって

たくさんあるのに、なぜうまく分配されないのかということです。

結局最後まで悶々とした感情でしたが、

ちゃんと生活できて、当たり前のように勉強できる環境に

感謝しようと思いました。

英語の勉強のモチベーションが少しだけそこで上がりました!

 

こんな感じで本当に色々な授業を受けてきました。

申し訳ないですがほとんど印象に残らなかった授業もあれば

何年経っても覚えていることもたくさんあります。

その人それぞれの感じ方の違いもあると思います。

とにかくたくさんの情報に触れて

そこから自分なりに取捨選択してほしいですね。

 

もっと細かく知りたい!

と思ったものは直接聞いて下さい。

ではでは。