大学の授業について≪専門編≫④(窪田) | 東進ハイスクール長野校|長野県

ブログ

2016年 6月 6日 大学の授業について≪専門編≫④(窪田)

こんにちは!東進の窪田です!

昨日は,東進で模試が4つもありました!

 

大学合格基礎力判定テスト

旧帝大(京大・北大・九大)本番レベル模試

 

その他にも

東大本番レベル模試 / 東北・名大・阪大本番レベル模試

といった3年生のための記述模試がたくさんあります!

 

なんと,6月26日には,

センター試験本番レベル模試

があります!

 

これらの模試は東進生でなくても受験可能です!!

ぜひ受験して,自分の力を把握して,

今後の行動につなげていきましょう!

校舎で待ってます!

 

さて,今回のテーマは

大学の授業について≪専門編≫

ということですが,

大学院では授業は大学の延長線みたいな感じです(笑)

なので,つまらないと思った時には

すべて英語でノートを取ったりして工夫してます。

 

また,週1回に英語論文紹介をしています!

自分の研究に関する論文を見つけてきてみんなに紹介します。

 

なので,授業をしている時間よりも,

自分の研究をしたり,論文を読んだりして

知識を広げる時間の方が圧倒的に多いんです!

だから,1日の計画的な勉強がより重要になってきます!

これは高校生のみんなと変わらないですね(笑)

 

改めて,

大学はやりたいことを実現するためにとことん自分で頑張る場所

だと感じています。

高校生の皆さんは大学でやりたいこと・学びたいことはあるでしょうか?

 

特に受験生はモチベーションを維持するために

大学に行ってからのこと・将来のことを考えるのは

とても重要になってきます。

すこし時間を作ってみましょう!

窪田