夏休みの過ごし方(田塚) | 東進ハイスクール長野校|長野県

ブログ

2016年 7月 27日 夏休みの過ごし方(田塚)

皆さん、こんにちは!

東進ハイスクール長野校・校舎長の田塚です。

前回はスキマ時間の使い方に関する更新でしたが、

今回は【夏休みの過ごし方】についての更新になります。

 

夏休みは時間があるから、とにかく沢山勉強しよう!

夏はとにかく学習量が大事!


↑この発想、実はキケンです。

もちろん学習量は大切なのですが、それよりも【目的】が大切です。

【目的】の達成に向けて学習量を増やさなければなりません。


なので、一度冷静になって【目的】を考えてみましょう。


国立大学を志望する高3生であれば、12月からセンター特編が始まるため、

二次試験の記述対策に専念できるのは9~11月の3ヶ月です。

センター試験の得点比率が高い大学を志望する生徒は

基礎固め・センター対策でも良いかもしれませんが、

二次試験の得点比率が高い大学を志望する生徒は・・・?

9月から記述対策を始めるための準備をこの夏にすべきじゃないですか?!

さて、記述対策を始めるための準備ってどんな勉強なんだろう???


【目的】を達成するための【手段】を考え、


それを【計画】に落とし込み、徹底してやり切る。

 

それが夏の学習の正しい姿に思えます。

是非、一度【目的】について考えてみてください。