夏休みの終わり・二学期の始まり(早川) | 東進ハイスクール長野校|長野県

ブログ

2017年 8月 21日 夏休みの終わり・二学期の始まり(早川)

みなさん、こんにちは!

長野校担任助手の早川です。

今回のブログも、フィリピンのセブ島で書いています。

昨日、一昨日、セブにある『DAREDEMO HERO』という団体で貧困地域への支援活動をしてきました。

この団体は東進の山中博先生が立ち上げた団体です。

ここではただのボランティア活動ではなく「人々、地域にとってなにが1番必要とされているのか」を自分たちで考えて行動に移しています。

私は2日間だけの参加だったのですが、1日がとても濃い経験ばかりで「自分にとっての支援とはなにか」を考えさせらせました。

この経験を活かして日本でも自分が今しなければならないことはなにか、を考えて行動したいです。

さて、本題に入りますが、

長野県の高校生はそろそろ夏休みが終わり2学期が始まるということで、

夏休み明けの2学期からの生活についてお話したいと思います。

夏休み、みなさんはどうでしたか?

夏休みの目標は達成されましたか?やりたいことはできましたか?

私の高校時代、夏休み明けの学校始まってからの生活は東進で勉強する時間が夏休みほど長く取れなくてなかなか自分の勉強が進まなかった記憶があります。

夏休みほど自分の時間が取れない分、限られた自分の時間をどう使うかにこだわった方がいいと思います。

限られた時間を有効的に使うことで、夏休みと同じペースで勉強することができます。

特に受験生は、「今日は過去問をいくつやる」とか「過去問の見直しはこう工夫しよう」とか

しっかり夏休み後もペースを崩さずに勉強していきましょう!

入試本番まで時間がありそうですぐに本番になってしまうので、私と同じく「今自分がやるべきこと」を考えて行動に移していきましょう。