夏の最後にやるべきこと⑨(田塚) | 東進ハイスクール長野校|長野県

ブログ

2015年 8月 25日 夏の最後にやるべきこと⑨(田塚)

皆さん、こんにちは!

長野校の校舎長をしている田塚です!

朝晩は冷え込むようになり、少しずつ秋の気配がしてきましたね。

季節の変わり目は体調を崩しがちですので、是非お気をつけください。

 

さて、今回のテーマ『夏の最後にやるべきこと』ですが、

ズバリ!

『これまでの自分を振り返り、明日からの自分に期待を寄せる』

これに尽きます。

よく、過去に捉われるな!という言葉を聞きますが、

それは過去を後悔してクヨクヨしていても仕方がない、という意味です。

では、振り返るとは??

振り返るとは、後悔ではなく反省です。

反省とは、これまでを振り返り、よくない点を改めようという前向きな言葉です。

そう!本当はポジティブな言葉なんです!

だから、反省というのは明るく前向きに元気にやらなきゃダメなんです。

後悔さん:『あぁ・・・夏もっと頑張っていれば模試の点数も上がったはずなのに・・・』

反省・後悔のイラスト(女性)
反省くん:『もうひと頑張りで、更に点数を伸ばせそうだぞ!よし、やってやるぞ!』

肉食系男子のイラスト
・・・といった感じでしょうか。

あと、大切なのが、

『自分に期待を寄せる』ことです。

『これまでもダメだったから、この先も上手くいかないだろうな・・・』とか

『こんなにやっても出来ないってことはオレには向いてないんだろうな・・・』とか

そんな風に考えてはダメです!

誰だって間違えるし、失敗するし、挫折します。

大切なのは、最後まで諦めずやり切れるかどうか、だと思います。

だから、『自分に期待を寄せる』ことが大切なんです。

 

私も受験生の時は不安や焦で、受験に対してネガティブになることがありました。

でも、そういう時こそ人一倍、いや人二倍、いや人十倍くらい勉強するんです!

そして一日の終わりに、

『今日一日こんなに集中して勉強をした受験生は同じ学校にはいない。

 いや、そもそも県内にもいないはずだ。

 これはひょっとすると日本中にもいないかも・・・。』

・・・と、一人暗い部屋の中で思いっきりガッツポーズをします。(心の中で)

心と体はリンクしています。

想いと行動はリンクしています。

もし、『自分に期待を寄せる』こと(想う)が上手く出来ない人は

思いっきり勉強して(行動)、思いっきりガッツポーズをしてみてください!

 

『これまでの自分を振り返り、明日からの自分に期待を寄せる』

私は皆さんのこれからの頑張りをもちろん応援したいし、

めちゃくちゃ、ハイパーウルトラマックス信じてます!(笑)

以上

校舎長 田塚彰人でした。