合格した人がやっていたこと③(浦野) | 東進ハイスクール長野校|長野県

ブログ

2014年 11月 14日 合格した人がやっていたこと③(浦野)

こんばんは!担任助手の浦野です!

 

今回は合格した人のやっていたことということで、第一志望に合格した自分の友達の紹介をしたいと思います。

 

僕には、Z君という野球班の友達がいました。

野球班はとても忙しく、朝練も毎日やっているうえに夜もナイターで遅くまでやっていました。

そんな彼も、限られた時間の中で一生懸命勉強し、第一志望に合格しました。

 

少ない時間の中でどんなことをしたら、彼のように第一志望に合格できるのか。

 

彼は昼休み、電車の中、あらゆるところで単語帳や数学の公式集を読んでいました。

そんな彼の単語帳と公式集はボロボロでした。

 

これは、昼休みや電車の中などの少ない時間でも継続してやれば参考書をぼろぼろにできるだけの

時間になるということを示していると思います。

 

 

集中力が続かない…という高1・2生も、まずは少しずつでも毎日継続してやっていきましょう!

時間が無い…という高3生は、本当に今の自分には時間を作れるスペースが無いか計画表を確認してみましょう!

勉強する時間が無いから計画表を書く時間なんてない、というのは違いますよ! 

 

以上、担任助手の浦野でした。