受験とは(早川) | 東進ハイスクール長野校|長野県

ブログ

2018年 3月 19日 受験とは(早川)

こんにちは!

長野校担任助手の早川です!

 

私は今、フィリピンのセブに来ていて、

DAREDEMO HERO

という団体でお手伝いをさせていただいています。

 

ここにきて改めて、

教育とは何か、貧困とは何か、というのを深く考えさせられています。

 

さて、今回のテーマですが、「受験とは」です。

私にとって「受験」とは何だったのか。

受験を経験したことで、何が得られたのか。

受験に関する良かった点と反省点。

この3つのポイントを踏まえてお話させていただきます。

 

まず、私にとって受験は初めてといっても過言ではないくらいの

大きな試練でした。

東進に入るまでは、大学生になるのが当たり前。

ちゃちゃっとなんとなくやってれば大学くらい受かるでしょ。

そんな風に甘く考えていました。

 

しかし、大学受験とはそんなに甘いものではないということを東進に入って知りました。

誰でも大学生になれるなんて、全くの間違いです。

大学受験はそんな甘いものではありません。

 

大学生になるためには相当な努力と知識が必要だということに

東進に行ってから気づいたのです。

 

私は受験生活を通して、計画的に行動することを意識するようになり、

また、周りで同じように頑張っている友達との関わりによって、

人間的にもとても成長したと思います。

なんのために大学に行くのか、なんのために学ぶのか

それをひたすら考えながら、毎日東進に通って勉強をしました。

学ぶ目的をもって学ばないと意味がありません。

大学受験という大きな試練で、目的を見つけそれに向かって

どれくらいくじけないで努力できるか。

これが、私を大きく成長させてくれたものの1つだと思っています。

 

受験でよかった点に関しては、

「目的をもって努力できるようになったこと」

これがいちばんだと思います。

史上最高に努力した私は、きっと他では得ることのできないものを得ることができました。

また、反省点として、

「もう少し早く受験勉強を始めていれば…」

というのがいちばんです。

少しでも早く始めることが、目的達成への近道です。

「早すぎる」なんて問題はありません。

早いもん勝ちですよ。

 

みなさんも受験勉強を始めるなら今ですよ!

みなさんの頑張る気持ちに応え、全力でサポートするので、

一緒に頑張っていきましょう!

 

 

↑お申し込みはこちらをクリック↑

 

新年度特別招待講習

ただいま受付中です!
新学年での良いスタートの一歩を踏み出したいあなたに!
東進で頑張ってみませんか?

私たちが全力でサポートさせていただきます。