全国統一高校生テストまでにすべきこと(早川) | 東進ハイスクール長野校|長野県

ブログ

2017年 10月 2日 全国統一高校生テストまでにすべきこと(早川)

こんにちは!長野校担任助手の早川です。

最近、寒すぎて凍えてしまいそうです。朝はなかなか布団から出ることができません。

今からこのようなことになっているので、本格的な冬になったらどうなってしまうのでしょう…

という私の最近の悩みでした(笑)

さて、本題に入りましょう!

10月29日は何の日か知っていますか?

正解は「全国統一高校生テスト」です!!!!

全国統一高校生テストはセンター試験形式のテストで、全国の高校生が対象です。

そこで今回は私の考える全国統一高校生テストまでにやるべきことを紹介します。

まず1つ目に「基礎基本の徹底」ということで全体的に基礎基本が確実に入っているかを確認しましょう。

英語だったら「英単語・英熟語・英文法」、古典であったら「古文単語・古文の文法・漢文の句法」などというように自分は科目の基礎的な部分をきちんと理解できているか、覚えているかを確認してみるといいと思います。

東進生は高速基礎マスターを使うととても効率が良いでしょう。

2つ目に「時間意識」です。

前にも言ったかもしれませんが、センター試験は時間配分が勝負のカギを握る1つの要因になっています。

特に英語や国語では大問ごとに「〇〇分」と決めて、その時間内に問題が解けるよう演習をしましょう。

時間を決めて演習しているとそのうちその時間内できちんと正確に問題が解けるようになってきます。

まずは基礎基本の徹底ですが、それが大丈夫なのであれば時間配分を意識して勉強しましょう。

 

色々と話しましたが、模試は自分の今まで培ってきた力を試す場所です。

この機会に自分は全国でみるとどれくらいのところにいるのかな、自分はここの部分がほかに比べて弱いんだなというのを分析してみるといいでしょう。

 

模試を有効的に活用して自分の学力アップに役立てましょう。