僕の受験期の一日の使い方(窪田) | 東進ハイスクール長野校|長野県

ブログ

2017年 8月 12日 僕の受験期の一日の使い方(窪田)

こんにちは!担任助手の窪田です!

 

世間はお盆に入り、長野県の高校生の夏休みも半分が終了しようとしています。

 

ちなみに長野県は世界一休みが短いで有名です。

20日くらいしかないので、1日をどれだけ充実させるかが重要です。

 

 

なので今回のテーマは「受験期の一日の使い方」です!

 

僕は1日15時間勉強しようと意識していました!

 

朝7時に登校するのは当たり前で、午前中に1日の目標コマ数を受けきる。

 

午後は課題や高速基礎マスターに時間を費やす。

 

家ではMy単語を片手にご飯を食べながら勉強し、風呂でも音読。

 

トイレでは地理の勉強

(左の壁に世界地図、右の壁に日本地図を貼っていました笑)

 

 

15時間勉強するとなると常に勉強しています。

 

友達と話す時間がほとんどなく、昼食も暗記物片手に勉強していました。

 

でも、これは自分に危機感があったからです。

 

また、とにかく早く終わらせようという思いもありました。

 

早く終わらせられれば、演習に早く入ることが出来ます。

ということは、点数に結び付けられるということであるし、

合格の可能性が上がってくると言えます。

 

休みが残り半分であり、特に受験生にとっては

 

まとまって勉強時間の取れる最後のチャンスなので、

 

1日1日を大切に過ごしてほしいと思います。

 

以上

長野校 窪田隼人でした!