今日の過去問②慶應義塾大学・日本史(校舎長:田塚) | 東進ハイスクール長野校|長野県

ブログ

2016年 2月 2日 今日の過去問②慶應義塾大学・日本史(校舎長:田塚)

2013年、慶應義塾大学経済学部の出題です。(小論文)

リーダーのイラスト(男性)
原子力発電所の再稼働問題を例にして、仮にその賛否について
あなたの意見に対し異なる意見を持つ友人から批判を浴びたと
したなら、どのようにしてその対立を乗り越えようと考えるか、
あなたの意見の内容と、それと異なる意見の内容(どのような意
味で異なるかに言及すること)、および対立の乗り越え方につい
て400字以内で具体的に述べなさい。

『人間力も兼ね備えた人を合格させたい』

慶應大学のそんな気持ちが伝わってきませんか?

慶應大学経済学部の教育目標は

『世界を先導する次代の経済人を育成すること』です。

知識・教養も大切ですが、それだけでは先導者(リーダー)にはなれません。

 

経済に興味があり、経済研究の日本最高峰を目指したい人はいませんか?

~INFORMATION~

お申込みはバナーをクリック