二次試験対策について(窪田) | 東進ハイスクール長野校|長野県

ブログ

2016年 8月 16日 二次試験対策について(窪田)

こんにちは! 

8月16日(女子大生の日)のブログは窪田が担当します!

 

今の長野校はなんと!!!!

8月向上得点全校舎で1位!!(92校舎中)

ってことは、この8月は

長野校は全国の東進ハイスクールで1番努力している校舎です!

 テストを受けている小学生のイラスト(男の子)

アツいぜ長野校!!(゚Д゚)ノ(゚Д゚)ノ

このまま突っ走って

8月センター試験本番レベル模試で結果出すぞ!!

そして、二次対策を始めるぞ!!

 

さて、今回のテーマは「二次試験対策」です!

多くの生徒が今センター試験のための勉強をしていると思いますが、

これからは二次試験のためにも勉強していきましょう!

 

なぜかと言うと答えは簡単。

 

二次試験で点数を取らないと合格できないからです。

 

今の大学はセンター試験の点数よりも二次試験の点数の比重が

高くなっています。

例えば、東大は

センター試験は900点を110点に圧縮します。

しかし、2次試験は440点満点で争うのです。

このように東大以外にも多くの大学が二次試験を重視しています。

なので、皆さんはセンターだけではなく、二次試験もしっかり

頭に入れてこれから勉強をしていってください。

 

二次試験対策で目指すべき力は、

「初めて見る問題に対応できる力」です!

問題を見た時に解放のイメージが沸くかどうか

すごく大事になります。

そのようになるためには、

 

①大学問題傾向/難易度を知る。 

②自分の実力と大学の距離を知る。

これらがまず必要だと思います。

 

スポーツでもあることですが、

強い相手と闘う時は、相手のことを分析して対策してから

臨みますよね!

勉強も同じです!まず、相手を知りましょう!

 

そのためには、過去問を解く必要があります。

過去問を解いたら分析分析分析

自分に足りないものは何か?

自分の絶対取らなければならない問題は何か?

自分が今後しなければならないことは何か?

受験者と差をつける問題は何か?

などなど・・・

1年分を解けば、ものすごい数の課題が出てくると思います。

後はその課題を克服するために勉強あるのみ!

夏休みはその時間も取れると思うので、1年分だけでも解いてみて

自分の今後すべき行動をイメージしておきましょう!

 

長野校 担任助手

窪田隼人