二次対策について(後藤) | 東進ハイスクール長野校|長野県

ブログ

2016年 8月 13日 二次対策について(後藤)

こんにちは、担任助手の後藤です。
やっと夏休みに入り、
明日から久しぶりの帰省です!
長野の気候に慣れて
関東の熱帯夜に耐えられる
自信がないです…>_<
熱帯夜のイラスト

今回は最近行われたHRと関連して
二次対策(記述対策)について
話したいと思います。

この時期に二次対策?
と思うかもしれないですが、
この時期だからこそ
出来ることがあるんです!

みなさん、自分の志望校の過去問
見たことありますか?
ペラペラ~っとめくってみると
分かると思いますが
問題文の量や解答する際の記述量が
かなり多いですよね。
「この試験時間で間に合うの?」
って感じると思います。
 そして実際に解いてみると
難しくて歯が立たない問題も
あるかもしれません。
私も初めて過去問を解いた時は
ボロボロの結果でした。

勉強が分からない女の子のイラスト
また、大学によって
問題の傾向は様々です。
英作文や和歌の解釈があるなど
その大学・学部ならではの特色があります。
これを今のうちに知っておけば
「二次で必要だけど苦手」という
分野の基礎を固める事が可能です!
更に、問題文をスムーズに読むために
日頃から問題を読むスピードを
意識すればそれだけでも
1つの対策になります。
9月から本格的な対策を
始めるために試してみて下さい^ ^

テストの問題用紙のイラスト