センター試験の解き方⑧日本史(岩本) | 東進ハイスクール長野校|長野県

ブログ

2014年 9月 26日 センター試験の解き方⑧日本史(岩本)

こんにちは
担任助手の岩本です!

今日は私が日本史の解き方についてお話します!

さて、日本史を選択しているみなさん、
センター試験日本史に対してどんな印象を持っていますか。

私は、日本史が苦手で困っていた時期がありました。
しかし、苦手に向き合い、真剣に学習を進めていくと
日本史にしかない面白さと出会うことができました!

日本史…。
いまからでも、面白くなりますよ!!

私が、日本史の中でも苦戦した問題…
それが「正文判定・誤文判定問題」です!
具体的には
「○○に関連して述べた文として正しいものを、
次の①~④のうちから一つ選べ」
または
「○○に関連して述べた文として誤っているものを、
次の①~④のうちから一つ選べ」
といった問題なのですが…
みなさん、こういった問題は得意ですか。

こういった問題を解くときのポイントは
事件や用語の説明では
「いつ・どこで・だれが・なにをしたか」
に間違いがないか注意することです。
特に、選択肢の文全体において
「だれがなにをしたか」
誤りがないか、しっかりチェックしましょう。
普段、学習するときにぜひ意識してみてください。

明日から、休日になります。
高3生のみなさんは、過去問を進められるといいですね!
高1・2生のみなさんは、班活が忙しい人もいると思います。
上手に時間を作って、日々の学習の補強をしましょう。