センター試験の解き方②わからない問題は飛ばす(竹内) | 東進ハイスクール長野校|長野県

ブログ

2014年 9月 17日 センター試験の解き方②わからない問題は飛ばす(竹内)

こんにちは!

担任助手の竹内です。

 

この1ヶ月間教育実習に行っていました!

教育実習でたくさんのことを学びました。

また教育実習の話はグループ面談で話していきます。

 

ここからは本題です。

題名にもあるように「センター試験の解き方」について書いていきたいと思います。

得意教科の数学ⅠAについて書いていきます。

私は受験時代に数学ⅠAを「30分」で解くようにしていました。

なぜ30分で解いていたのかというと、わからない問題解く時間と見直しの時間をつくるためです。

より高い点数を目指すためにこの方法にたどり着きました。

時間があれば難しい問題も解けるかもしれないし、見直しをして計算ミスしていないかわかることができます。

しかし、「30分」でどうやって解くのだろうと疑問が出てくると思います。

そこで大切なのが「わからない問題は飛ばす」です。

わからない問題を考えすぎて、「時間が無くて最後まで解けなかった」、「時間が無くて解ける問題も解けなかった」って言う人は少なからずいると思います。

だから、「わからない問題は飛ばしてわかる問題から解く」というのが大事です。

これをやることによって点数は少なからず上がると思います。

 

センター試験まで残り4ヶ月です!

今できることを全力にがんばりましょう!

努力は裏切らない!!